探蝶逍遥記

彼岸花に集う揚葉蝶(9月26日)

 今シーズン、「真面目にアゲハを撮る」ことを目標にしてきた管理人にとって、彼岸花とアゲハのツーショットはシーズンの有終の美を飾れるか?のキーポイントです。そこでネット上でアゲハの食樹である「ミカン」と「彼岸花」のキーワードで検索して数箇所のポイントを候補地として選び出し、更に1/25000地図で「果樹園」と「水田」の記号をヒントに最終候補地を選び出す綿密な作戦に出ることにしました。 場所は湘南を飛び越えて神奈川県の西部に位置する山間の里山集落です。現地7時15分過ぎ到着。台風一過の青空が拡がり、柑橘類の畑に囲まれた水田では稲刈りが進み、彼岸花も最盛期を迎えていました。ポイント到着後、いきなりナガサキアゲハ♀が登場し、心臓パクパク状態に! なにせ、管理人、東南アジア遠征でもナガサキ♀とは不思議と縁が無く、国内でも未撮影だったのです。悠々と舞って、葉上で全開翅休息です。                                                                ++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_2356617.jpg
D90-34、ISO=400、F5.6-1/1250、-0.7EV、撮影時刻:7時56分

 右後翅に欠損があるものの、まずまずの鮮度の個体。そのうち期待通り、彼岸花で吸蜜してくれました。
f0090680_23562987.jpg
D90-34、ISO=400、F5-1/1250、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:8時03分

 彼岸花とのツーショットを撮りながら、結構、蝶の複眼部が花に隠されることが多くて、難しいものだ・・・と痛感させられました。花弁の頭頂部にやって来て吸蜜する時が一番楽に撮れるようです。
f0090680_23565133.jpg
D90-34、ISO=400、F8-1/1250、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:8時04分

 吸蜜と吸蜜の合間に偶然飛翔が撮れるのはよくあるケースですが、正面に向かって来ると流石に迫力が出ます。
f0090680_235754.jpg
D90-34(トリミング)、ISO=400、F8-1/1250、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:8時04分

 ナガサキ♀は本当に巨大な感じがしますね。この後、ほぼド完品の♀にも数個体出会いましたが、残念ながら撮影はできませんでした。同じ黒系アゲハのクロアゲハも♀個体に出会いました。ただ時期的にボロが多く、マクロで撮るとそれこそボロが目立つので、横広角で撮影。
f0090680_23572758.jpg
D40-10.5-X1.4TC、ISO=400、F7.1-1/640、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:9時13分

 ご覧の通り、ミカン畑の間に自生している彼岸花での吸蜜です。さて、黒系アゲハで全く期待していなかったのが、モンキアゲハでした。彼岸花で吸蜜している黒系アゲハに接近してみると、ほぼド完品のモンキ♀。これには興奮しました。
f0090680_23575153.jpg
D90-34、ISO=400、F5.6-1/1000、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時19分

 背景も整理できて、ほぼ理想的な仕上がりに満足しております。モンキはこの個体だけかな?と思っていたのですが、撤収直前にまたまた新鮮な個体が登場して大喜び。吸蜜の途中での躍動的な飛翔シーンを捉えることができました。
f0090680_2358775.jpg
D90-34、ISO=400、F7.1-1/1000、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時06分

少し余裕が出てきたので、縦広角でも狙いました。
f0090680_2358265.jpg
D40-10.5-X1.4TC、ISO=200、F7.1-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:12時20分

 刈終わった稲穂が敷かれた水田と彼岸花。「ザ・里山」とも言うべきシーンが撮れて大満足でした。

 さて、彼岸花に集うのは黒系アゲハだけではありません。キアゲハ♀の吸蜜です。背景に黄金色に色づいた稲穂をボカして入れる構図に拘ってみました。
f0090680_23584636.jpg
D90-34、ISO=400、F10-1/1000、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時34分

 キアゲハは数個体飛んでいましたが、いずれもそろそろ末期状態でした。最後は青空と太陽を意図的に強調したアゲハチョウ♀の飛翔で占めましょう!
f0090680_23585782.jpg
D40-10.5-X1.4TC(ノートリ)、ISO=200、F4.5-1/2500、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:10時45分

 綿密に立てた、机上ロケハンが効を奏して、初めての彼岸花とのツーショット撮影は、予想以上の成果を挙げることができました。この日ももちろん汗をかきましたが、流石に真夏のあの猛暑とは異なり、心地良い汗を拭うことができたのでした。
by fanseab | 2010-09-27 23:59 | | Comments(24)
Commented by Noreen05 at 2010-09-28 00:36
彼岸花と黒系アゲハのツーショットは憧れます!!こちらでは撮影出来ませんから。
特に縦広角のモンキアゲハの写真は素敵ですね~~♪刈り取られた畦道と青空が何とも良い雰囲気です。
検索してポイントを探されるとは・・・素晴らしい~♪
Commented by fanseab at 2010-09-28 07:14 x
Noreenさん、コメント有難うございます。大雪・赤岳も色づいてきたようですが、こちらも一気に秋になりました。彼岸花と黒系アゲハのツーショットはブログ仲間の絵を拝見しながら、いつか撮りたいと思っておりました。こちら「内地」では、彼岸花は何処にでも咲いてますけど、撮影に適した密生している場所は意外と無いのです。ですのでネットの検索機能をフルに使って探して見ました。モンキ縦広角は小生もお気に入りのショットになりました。
Commented by banyan10 at 2010-09-28 09:07
さすがに見事な写真が並んでいますね。
1つ1つじっくり見て参考にさせていただきます。
僕も湘南と書いていますが、ぎりぎりどうかなという場所なので、近くで撮影していた可能性が高いですね。
Commented by himeoo27 at 2010-09-28 21:06
4番目のナガサキアゲハが舞いあがって正面に向かって来る画像が良いですね!とても素敵です。
Commented by cactuss at 2010-09-28 21:45
ミカンとヒガンバナの場所を調べて、いいポイントを探すとはすばらしいですね。小生はヒガンバナがたくさんある所しか探していないので、成果が上がらない様です。しかし、今回行ったヒガンバナがたくさんある場所にミカンがある事に気がつきました。さらに産卵もしていたので、来年は期待できます。
ナガサキアゲハ、モンキアゲハ、アゲハの写真はみな見事です。
Commented by 愛野緑 at 2010-09-28 22:24 x
「ヒガンバナと蝶」の数々、背景のボケも最高ですね。こういう写真を撮りたいです。
Commented by fanseab at 2010-09-28 23:18 x
BANYANさん、以前から貴殿の撮影された彼岸花と黒系アゲハのツーショット画像を羨ましく拝見しておりました。何とか今回撮影できてホッとしております。
そう、結果的に撮影ポイントが接近していたかもしれませんね。
Commented by fanseab at 2010-09-28 23:20 x
himeooさん、およそ半日、ずーっと、アゲハ吸蜜画像を撮影していたのは、これが初体験でした。アゲハの吸蜜周期が読めないと、シャッターを押した瞬間に花から飛んで飛翔画像になってしまうことが多かったです。4枚目はその中でも迫力が出て気に入っております。
Commented by fanseab at 2010-09-28 23:23 x
cactussさん、丁度前々日まで台風混じりの長雨が続いていたせいか、アゲハ達が吸蜜に飢えていたかのように、沢山の吸蜜画像を写すことができました。天気も良くてとても幸せな気分を味わうことができました。
彼岸花とアゲハのいる環境は里山そのもので、タイミングさえ合えば、とても楽しめるものだと思いました。
Commented by thecla at 2010-09-28 23:25 x
縦広角はまさにザ・里山ですね。
前の週に行った際には彼岸花はまだほとんど咲いておらず、先週は用事で出撃出来ずで、今年は彼岸花と黒系アゲハは空振りに終わりそうです。
Commented by fanseab at 2010-09-28 23:26 x
愛野緑さん1シーズン、アゲハをなるべく集中的に追いかけてきたのですが、ようやく充実して吸蜜シーンを撮れたように思います。夏場と違って、花の前で待ち伏せしていても苦にならないのがいいですね。
背景ボケは300mmレンズを購入した時から狙っていたもので、ほぼ思い通りにボケてくれて満足しております。
Commented by fanseab at 2010-09-28 23:28 x
theclaさん、仰る通り、彼岸花と黒系アゲハは撮影のタイミングが難しいですね。今年は少し開花が遅れ気味だったので、心配しておりましたが、夏場の暑さが幸いして、黒系アゲハの化数が多く回ったため、結構新鮮な個体が多かったように思います。この点はラッキーでした。
Commented by ダンダラ at 2010-09-29 08:57 x
事前に周到な準備をされて出かけられただけのことはありますね。
あまりそういったことはしなくて、行き当たりばったりなので勉強になりました。
こちらに向かってくるナガサキアゲハ、広角のモンキアゲハなど素晴らしい写真ですね。
私もこんな写真が撮れるといいけど・・今週末に頑張ってみようかな。
Commented by yoda-1 at 2010-09-29 12:47
YODAも同じく、翅裏全開の吸蜜飛翔画像、太陽と交わるキアゲハ画像に、感動しています。
今週末は地元県内の彼岸花を巡ってみたいです。
Commented by fanseab at 2010-09-30 07:13 x
ダンダラさん、カバマダラ探索お疲れ様でした。実は彼岸花狙いで前週に湘南地域を訪れた際、意外と撮影の適地を捜すのにてこずりました。なので、少し慎重に事前準備をしてみました。結果、良い成果が出てホッとしています。来年、春型撮影にも期待が持てるポイントでした。アゲハの吸蜜シーンは、撮れば撮るほど難しいと思っています。
Commented by fanseab at 2010-09-30 07:21 x
yoda-1さん、いつもコメント有難うございます。吸蜜中に偶然撮れてしまう飛翔画像の中には、結構良い絵が入っていることがありますね!ナガサキ♀の絵もそんな1例で、小生もお気に入りの作例になりました。ご当地での彼岸花探索、ご武運を祈念します。
Commented by kenken at 2010-09-30 22:08 x
あらためて、じっくり拝見していると、絵の良さが心に沁みますわ。
彼岸花に黒系のアゲハ、本当にぴったりきますね。
お書きのとおり、吸蜜中は、複眼や触覚の一部が花に隠されてしまうことが多くて、意外と撮影に苦労します。これは、実際に撮影していて、私もとても悩まされるところですが、連写して良い絵を抜き取るしかないように考えております。ただ、ストロボ焚くと連写時に発光が追いつかないので、LEDランプをつけっぱなしにして連写とか、いろいろ試したりもしております。
縦位置広角の田んぼのモンキアゲハ、のどかさと青空の色が最高です。
Commented by otsuka at 2010-09-30 22:23 x
テレマクロも広角も、すばらしいですね。
特に最後のアゲハは絶句モノで、「2001年宇宙の旅」の絵とダブりました。
少しでも近づきたいと思いますが、道のりは遠そうです。
Commented by fanseab at 2010-09-30 23:58 x
otsukaさん、コメント有難うございます。
アゲハ飛翔はもうちょっとアゲハが接近する絵を狙っていたのです。ただ少し画面の端に来たのが幸いして太陽を背に受ける格好になり、対角線方向に彼岸花が来て、結果オーライの構図になってくれました。まぁ、飛翔画像は山のような失敗作の中に宝物のような画像が埋まっているのが魅力ですね。
Commented by fanseab at 2010-10-01 00:00 x
kenkenさん、彼岸花に普通のナミアゲハやキアゲハよりもやはり黒系アゲハの方が画面が締まります。確かに連射で良い絵を抜き取る作戦は有効ですが、今度はピントが翅面に集中して肝心の複眼でピンが甘いことが多くて、これまた難題です。ストロボ連続発光で発光が追随しない時は、光量を絞る(実質ガイドナンバーを下げる)操作で少しは改善されると思います。お試しあれ!
Commented by maeda at 2010-10-01 06:09 x
逆光での撮影でいつも失敗しております。
アゲハの姿がとっても良い感じです。
発売当時も思っていたのですが、D40は価格の割には飛翔向きの良い機種ですね。
Commented by fanseab at 2010-10-01 07:04 x
maedaさん、同じNikonの10.5mmを使っているので、貴殿の飛翔画像はいつも参考にさせて頂いております。ナミアゲハの作例では、もうちょいアゲハを大きく画面に登場させるべく、置きピン位置設定で狙ったものですが、やや遠かったです。たまたま太陽と日蝕状態になって、面白い絵になりました。
Commented by pekeyama at 2010-10-03 16:22
fanseabさま、こんにちわ。
昨日は失礼致しました。
夕方のクマソは
傾く太陽光線との競争で
慌しくていけませんねぇ~
リンクさせていただきました。
これからもよろしくお願いします。
Commented by fanseab at 2010-10-03 23:46 x
pekeyamaさん、昨日はこちらこそ、失礼いたしました。あそこは蘇鉄が生い茂っているので、日差しの翳る部分が多くて、あの時間帯は確かに厳しいですね。
こちらもリンクさせて頂きました。これからもお気軽に遊びにいらっしゃいませ!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード