探蝶逍遥記

アカボシゴマダラ第3化(8月27日)

 拙宅庭に植えてあるエノキには、ここ数年アカボシゴマダラが必ず産卵し、越冬幼虫を含めると、シーズン中、必ず、どこかのステージが観察できます。今シーズンは7-8月についている幼虫の個体数が少なく、8月中旬から目をつけていた幼虫が8月18日に蛹化。27日の早朝に羽化しました。出勤前の忙しい時間帯でしたが、慌てての撮影。先ずは蛹殻とのツーショット。                                                        ++画像はクリックで拡大されます++
f0090680_19443078.jpg
D40-24、ISO=400、F9-80、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:7時13分

 蛹のサイズが小ぶりだったので、♂かと思いましたが、羽化したのは♀でした。
広角マクロ撮影で驚いた♀が飛び立って壁で開翅。
f0090680_19444825.jpg
D40-24、ISO=400、F9-80、-0.7EV、撮影時刻:7時16分

 ♀の開翅撮影のチャンスが少ないので一安心。でも、背景が壁なのでイマイチですね。この後、またエノキに舞い戻って閉翅をパチリ。
f0090680_19445838.jpg
D40-24、ISO=400、F4.5-200、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:7時23分

 この時期は第3化の走りで、第4化の羽化は10月中旬頃がピークになります。例年、拙宅では、エノキの葉が散り始める11月下旬頃蛹化する幼虫も観察されますが、いずれも野鳥等の食害にあって第5化?までは達していないのが現状です。猛暑の今年はどんな結末を迎えるか?興味があります。
by fanseab | 2010-08-29 19:45 | | Comments(8)
Commented by himeoo27 at 2010-08-29 21:16
アカボシゴマダラは4化も出てくるのですか!
本日、狭山丘陵を回って彼らの生命力に圧倒され、オオムラサキ・ゴマダラチョウとの棲み分けの可能性に少し安堵しました。
Commented by fanseab at 2010-08-30 07:19 x
himeooさん、アカボシは各化がダラダラと発生するので、化数が把握しずらいのですが、経験から4回周っていると判断しています。ゴマダラは兎も角、オオムラサキ生息地での競合が一番心配ですね。
Commented by ma23 at 2010-08-31 22:08 x
お庭でずっと観察できるのがいいですね〜。しかも羽化が出社前でよかったよかった。まだ見た事がないので、いつも楽しみにしています。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2010-08-31 22:21
自宅でアカボシ撮影とは贅沢ですね。私的には未撮影種なので、いずれ撮影したいとは思っていますが。5化の出現もたのしみにしております。
Commented by fanseab at 2010-08-31 22:43 x
ma23さん、いろいろと弊害について言われていますけど、綺麗なタテハなんで、ついついカメラを向けてしまいます。自宅庭で観察できるので、化数のカウントもkなり正確だと思っています。
Commented by fanseab at 2010-08-31 22:46 x
ノゾピーさん、関東ではクマソ以上に猛烈な繁殖を見せていまや、本当に普通に見られる蝶になりました。11月頃になってまだ温暖な気候が続くようだと、5化の可能性も出てくると思います。
Commented by 愛野緑 at 2010-09-02 23:04 x
一番下の個体の眼がやや黄色いですね。私の思い込んでいる記憶に寄りますと、アカボシの眼は黒く、ゴマダラチョウは黄色で、そこでも区別出来るな~と考えておりました。
ところが、この個体は黒くないです。ということは、ゴマダラチョウとのハイブリット?あるいは私の思い違いでしょうか(笑
Commented by fanseab at 2010-09-02 23:43 x
愛野緑さん、これまで撮影して拙ブログで紹介してきたアカボシ複眼を改めて検討しましたが、黒い印象は特にないですね。殆ど黄がかった橙色でした。羽化直の写真が多いので、あるいは、羽化から暫く経つと、黒く変色するのでしょうか?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード