探蝶逍遥記

カシワ林のゼフ探索(7月18日)

 この日はブログ仲間の、 kmkurobeさんにご案内頂き、ゼフ探索をしました。一番の狙いはこれまできっちり撮影したことのないウラジロミドリシジミ。待ち合わせ場所に5時過ぎに到着。現地で、お馴染みの ダンダラさんとご友人のNさん、そして蝶山人さんも加わって5名でポイントへ。ポイントには既に愛知のKさん他1名が撮影中で合計7名の大撮影会となりました。

 kmkurobeさんが叩き出し役になって、降りてきたゼフを皆で探す方式なので、相当効率的に撮影ができました。ただ、この日は到着時点ではヒンヤリとした早朝の天気も6時頃から強烈な真夏の朝日が差し込む状況で、開翅撮影にはあまり条件が良くなかったように思います。最初は念願のウラジロ♂開翅。                                              ++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_22302646.jpg
D90-85VR、ISO=640、F9-1/1600、-1.0EV、撮影時刻:6時04分

 ただ、アングルが良くなく、ウラジロの輝きはイマイチ。不満の残る絵です。続いてカシワ葉上での♂開翅。
f0090680_22305371.jpg
D90-34、ISO=320、F10-1/640、-1.0EV、撮影時刻:8時06分

 こちらの絵もウラジロが太陽に対し正対していないので、輝きは鈍いですね。続いて♀開翅。
f0090680_22312319.jpg
D90-85VR、ISO=320、F10-1/640、-1.0EV、撮影時刻:6時06分

 ♀はまずまずの絵です。構造色が無いと楽ですが、太陽光線が強いので、色再現性というか、シットリ感に乏しいのが悩みです。お次はカシワ葉上での♂閉翅です。
f0090680_2232377.jpg
D90-34、ISO=400、F10-1/400、-1.0EV、撮影時刻:7時27分

 黄色いストローを出してしきりに吸汁しておりました。こうした吸汁は多くの♂個体で観察できました。ススキに舞い降りた♂の吸汁シーン。
f0090680_22322241.jpg
D90-34、ISO=400、F10-1/1000、-1.0EV、撮影時刻:7時43分

 それにしてもウラジロの裏面の表現は難しいです。この日のように強烈な陽光では、ただでさえ白飛びしやすい裏面のディテールが失われがちです。RAW現像でコントラストを弱めに設定して何とか表現してみました。しかし、ウラジロ♂で期待したサファイアブルーに輝く複眼の表現はどうやら失敗に終わっています。もう少し薄曇りの条件で再トライしたいですね。ススキに舞い降りたこの個体を縦位置広角でも撮影。
f0090680_22325750.jpg
D40-10.5-X1.4TC、ISO=400、F8-1/200、-0.7EV、撮影時刻:7時51分

 ご覧のように下草がススキで覆われたカシワの疎林風景は、数年前に訪れた岡山県のゴマシジミ、クロシジミ、ハヤシミドリのポイントとそっくりでした。ハヤシミドリは♂がちょっと最盛期を過ぎた感じで、開翅撮影に成功した個体も翅に痛みが目立つものでした。
f0090680_22333726.jpg
D90-85VR、ISO=320、F10-1/320、-1.0EV、撮影時刻:6時09分

 さて、ススキに舞い降りたゼフを探すべく、叩き棒で軽くスイーピングしていると、見慣れないゼフが飛び立ち、すぐにススキに止まりました。何だろうと思って覗き込むとクロシジミの♂でした。
f0090680_22335521.jpg
D90-85VR、ISO=320、F10-1/320、-1.0EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:6時21分

 どうやら♂は盛期を過ぎていたようです。ここではウラミスジシジミも出てきましたが、いいアングルでは撮影できなかったので、ここでは割愛します。そろそろ別のターゲットを撮りましょう・・・とのkmkurobeさんのご提案で、このカシワポイントを離れ、フジミドリ探索に向かいました。結局フジは発見できませんでしたが、この林道は何か珍品が出そうな雰囲気タップリでした。林道入り口付近ではジョウザンミドリシジミの卍飛翔がそこここに見られました。ちょうどジョウザンのテリ張りシーンを撮影されていた蝶山人の奥様の帽子にジョウザンが止まり、テリを始めましたので思わずパチリ。
f0090680_22341551.jpg
D90-85VR、ISO=400、F11-1/1000、-1.0EV、撮影時刻:8時55分

 撮影中、じっと帽子を動かさずに静止して頂いた奥様、有難うございました。山から降りるとランチタイムでしたので、皆さんでkmkurobeさんお勧めのパン屋さんで腹ごしらえ。ピザやハンバーガー始め、手作りパンはとびきり美味しく、皆さんで楽しく蝶談義ができました。この後、ダンダラさん達はキマダラモドキ狙い、管理人はミヤマ・クロツ狙いでそれぞれ次の目的地に向かったのでした。早朝からご案内頂いたkmkurobeさんには、厚く御礼申し上げます。また、撮影をご一緒した、ダンダラさん、Nさん、蝶山人さんご夫妻、Kさん他、皆様お疲れ様でした。<続く>
by fanseab | 2010-07-30 22:38 | | Comments(8)
Commented by chochoensis at 2010-07-31 21:36 x
fanseabさん、ウラジロ・・・暫く観察してないので、とても羨ましいです・・・シャープな写真にビックリです!素晴らしいですね。ハヤシは未だに撮影できていません・・・凄いです。
Commented by fanseab at 2010-07-31 22:46 x
chochoensisさん、ウラジロはどこでも観察できる訳ではないので、楽しむことができました。飛翔している時の独特なブルーもとっても綺麗でした。ハヤシ♂は少し時期遅れのようで、残念でした。
Commented by thecla at 2010-08-01 19:57 x
ウラジロも含めゼフ撮影は晴れ過ぎても駄目だし、条件がぴったり合う時は中々無いですよね。
私は多分この時に上高地に入っていたと思います。
Commented by fanseab at 2010-08-01 21:58 x
theclaさん、この日、貴殿は恐らく稜線を目指しているのでは、と皆で噂をしておりました。高山蝶を狙うにはベストの日だったかもしれませんが、ご指摘の通り、ゼフ開翅にはちょっと具合が悪かったです。
Commented by ダンダラ at 2010-08-03 11:52 x
お疲れ様でした。
どんな写真が撮れたのかなと気になっていましたが、どれもいい感じですね。
おっしゃるようにこの日は少し天気が良すぎましたね。
それでも皆さん十分な成果で満足して帰られた様で何よりでした。
Commented by fanseab at 2010-08-03 23:41 x
ダンダラさん、この日は朝から大変密度の濃い撮影を楽しむことができたと思います。とても気持ちの良いポイントで気の合った仲間と撮影することの楽しさを味わうことができましたね。ウラジロはもうちょっと表翅を狙ってみたいと思います。
Commented by yoda-1 at 2010-08-04 12:27
ゼフ撮影の醍醐味と難しさみたいなものの一端がうかがえて、
勉強になります。
今度こそいいシーンを撮るとのことで、皆さん毎年のように足を運ぶのですね。
Commented by fanseab at 2010-08-05 09:00 x
yoda-1さん、確かにゼフの撮影は奥が深いです。特に開翅場面はカメラとのアングルが自由に取れないことが多く、元々開翅してくれる時間も限られているので、撮影に失敗すると次は来年…ですからね。で、万馬券を求めるように、懲りずにまた長竿を持ってウロチョロしてしまいます(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード