探蝶逍遥記

上高地のコムラサキ(7月17日)

 オオイチモンジのポイントには、多数のコムラサキ♂が群れていました。それもそのはずで、梓川河畔にはそれこそ無数のヤナギ類が繁茂していて食樹には恵まれています。これだけ個体数が多いと撮影も楽でした。最初は獣糞からの吸汁シーン。                                              ++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_2342013.jpg
D90-85VR、ISO=200、F11-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:8時50分

 肛角部の欠損が残念な絵になりました。お次はダブル開翅。
f0090680_23421779.jpg
D90-85VR、ISO=200、F13-1/400、-0.7EV、撮影時刻:9時22分

 吸汁中、彼らは結構クルクルと回転しますので、2頭が同時にシンクロして同じ方向を向くチャンスは少ないのです。粘って何とか紫色幻光が出現するアングルで撮影できました。次は単独で究極の幻光表現にトライ。
f0090680_23423924.jpg
D90-85VR、ISO=200、F13-1/200、-0.7EV、撮影時刻:9時24分

 ようやくデジタルで紫色が一番輝く絵が撮れたように思います。同じ開翅を図鑑プロジェクト用のアングルで撮影すると・・・・。
f0090680_2343023.jpg
D90-85VR、ISO=200、F8-1/500、-0.7EV、撮影時刻:9時25分

 やはり、紫色が出現せず、これでは♂か♀か判別しずらい画像ですね。
さて、コムラサキはタテハですから、テリ張りでの開翅シーンに最も緊張感が出るように思います。ここは300mmでやや遠目から狙いました。
f0090680_23433327.jpg
D5K-34、ISO=400、F10-1/500、-0.3EV、撮影時刻:9時32分

 おしまいは飛翔画像。テリ張り中の周回飛行はある程度周回ルートが決まっていて、その軌道を読みながらの狙い撃ちもまた飛翔撮影の醍醐味です。一発必中で狙ったら、思い通りのコマが得られました。
f0090680_23434883.jpg
D40-10.5-X1.4TC(トリミング)、ISO=400、F5.6-1/2500、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:10時03分

NIKONの10.5mmレンズの解像度にはいつも感心させられます。今年管理人が撮影した飛翔画像の中でも個人的優秀賞をプレゼントしたい仕上がりに満足しております。次回は安曇野のカシワ林で撮影したゼフ類をご紹介しましょう。<続く>
by fanseab | 2010-07-27 23:45 | | Comments(10)
Commented by grassmonblue at 2010-07-28 10:51 x
オオイチモンジ、コムラサキ素敵な写真がそろっていますね。
ぼくは、上高地に24日から行ったのですが、オオイチは全く見られず、炎天下歩きまわってぐったりでした。
一昨年は21日にかなりの数見られたのに、今回は消えてしまったようでした。今年は特に早いのかどうか、やはりタイミングが大事ですね。
Commented by kmkurobe at 2010-07-28 13:59
↓のオオイチ、コムラサキ。いつもながら補助光の使い方、露出補正の適性度すばらしいテクニックですね。いつも参考にさせて頂いていますが、飛翔の見事さといいレベルが高すぎて小生にはなかなか自分のものにできません。素晴らしい・・・・恐れ入りました。
Commented by chochoensis at 2010-07-28 20:46
fanseabさん、パソコン新しくしてよかったですね・・・上高地の写真、堪能させていただきました・・・ここには暫く行っていないので羨ましく拝見しました。素晴らしい写真ですね・・・。
Commented by fanseab at 2010-07-29 07:10 x
grassmonblueさん、コメント有難うございます。初めての上高地で興奮しっ放しの撮影でした。オオイチ・コムラサキ共に景色に相応しい魅力ある被写体でした。♂の鮮度が良い時期も少ないようなので、ラッキーだったかもしれません。
Commented by fanseab at 2010-07-29 07:19 x
kmkurobeさん、安曇野では大変お世話になりました。上高地のオオイチ、コムラサキ共に鮮度が良くて楽しめました。梅雨明け後の好天が幸いしたようです。オオイチは裏面と表面の明度差が大きいので、露出設定には苦労させられました。タテハの飛翔は大変難しいですが、今回は比較的緩やかに飛んでくれていたんで、助かりました。
Commented by fanseab at 2010-07-29 07:26 x
chochoensisさん、おはようございます。新しいPCは使い勝手が良くて助かっています。上高地は初めてでしたが、病みつきになる魅力的な撮影地ですね。体力と相談しながら、一度高山蝶にチャレンジしたくなりました。
Commented by yoda-1 at 2010-07-30 12:31
最後の画像は、一発なのですか。
その技術に脱帽です。
YODAも、デジイチに広角レンズを付けたくなってきました。
Commented by chochoensis at 2010-07-30 17:21
fanseabさん、「サトキマダラヒカゲ」蛹化ステージに貴重なご意見ありがとうございました。本日、7月30日・・・貴殿のアドバイスに基づき、再検証しました・・・あとで、ご覧になってください。
Commented by fanseab at 2010-07-30 23:04 x
yoda-1さん、一発必中と言っても、偶然に撮れた意味です。実際、周回飛行で何発もシャッターが切れるチャンスはなく、向かってくるタイミングを逃さず集中して何とかものにできたわけです。飛翔の歩留まりは広角レンズの焦点距離でかなり変わりますので、小生もタテハとシジミでは異なるレンズで実施しています。是非トライされてみてください。
Commented by fanseab at 2010-07-30 23:06 x
chochoensisさん、サトキマ蛹化観察を拝見いたしました。素晴らしい成果ですね。丁寧な飼育記録に感心いたしました。小生もおぼろげな記憶で勝手なコメントを出したのですが、貴殿の検証でほっとしました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード