探蝶逍遥記

オオムラサキ探索その2(7月4日)

 当日撮影した飛翔シーンをご紹介しましょう。オオムラサキの雄大な飛翔を何とか上手く表現できないか?・・・これ、管理人のライフワークでもあります。今回はカシオのパスト連射機も使って悪戦苦闘しましたが、まだまだ理想的な絵は描けません。新鮮な♂の飛ぶ時期が極めて限られているため、事実上年1回の勝負になる・・・、これがオオムラサキ撮影の難しさでもあります。最初はノートリで捉えた本日のお気に入り。                                                                               ++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_22401588.jpg
D40-24(ノートリ)、ISO=400, F1.8-1/3200、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:10時14分

 もうちょい、ピントが欲しいところ。お次は閉翅状態で水平飛行。いずれも獣糞目当てで地上低く旋回飛行し、近くの管理人も警戒しつつの飛翔でした。
f0090680_22405269.jpg
D40-24(トリミング)、ISO=400, F5.6-1/1600、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:10時21分

 3枚目は飛び去るアングル。
f0090680_22411057.jpg
D40-24(トリミング)、ISO=400, F5.6-1/1600、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:10時21分

 いつもより低速シャッターにしたことで翅がブレ、逆に動感が出たようです。4枚目は今回の撮影で最もピントが良かったコマ。
f0090680_22412635.jpg
D40-24(トリミング)、ISO=400, F4.5-1/2000、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:10時31分

 ただこんな時に限って、蝶が画面の端っこだったりしますね(^^; お次の2枚はカシオのパスト連射で撮影した画像。
f0090680_22414751.jpg
FC100@6.4mm(トリミング)、ISO=800, F3.6-1/8000、撮影時刻:11時02分
f0090680_22415867.jpg
FC100@6.4mm(トリミング)、ISO=800, F3.6-1/8000、撮影時刻:11時02分

 道路上を水平滑空する時は絶好の撮影チャンスですけど、なかなか物にできません。実は300mmでもあるアングルからの飛翔を狙ってロケハンしていたのですが、こちらはサッパリ。来年の課題になりそうです。しかし、接近してきた時、パタパタと力強い羽音が聞こえるのは、やはりオオムラサキ以外にはいないでしょう。国外のpardarisdirteaと言ったオオイナズマの類は、体躯はオオムラサキ以上だったりしますが、どちらかと言えば無音で滑空するタイプ。豪快な羽音は我がオオムラサキに勝るものはないと思います。

 この日、猛烈な暑さで正午には現地を後にしました。帰宅してからK社の「淡麗生」で祝杯を上げ、食後に現地の農家直販で仕入れたプルーンを食しました。
f0090680_2242929.jpg
GX100@5.1mm

 全15個入りパックが何と200円!本当にお値打ちでした。オオミスジの食樹であるスモモ、ウメ、桃等、甲府盆地を訪れるのは蝶以外に美味しい果物に出会えるからです。暫くするとデラウェアやらブドウも美味しい季節になります。山梨通いは止められませんね。
by fanseab | 2010-07-07 22:45 | | Comments(18)
Commented by cactuss at 2010-07-07 22:59
飛翔シーン見事です。
オオムラサキは好きな蝶ですが、ゼフや他の蝶に浮気して、なかなか撮影に行けません。
Commented by fanseab at 2010-07-08 07:13 x
cactussさん、飛翔をどうしても撮りたくなる蝶が何種類かいますが、オオムラサキはその筆頭ですね。次回は♀の飛翔に挑戦したいです。
Commented by yoda-1 at 2010-07-08 12:54
飛翔画像お見事です。
ツバメで鍛えられた成果を感じます。
絞らなくても、広角レンズでは被写界深度もありそうですが、
ここまでのピントの良さは素晴らしいです。
オオムラサキの羽音は確かに存在感たっぷりですが、
その分野鳥に狙われやすいのかもです。
落ち葉を掃除しないエリアを決めて、
都市公園でも間近に見れるようになるといいですよね。
Commented by himeoo27 at 2010-07-08 21:02
一番上の画像は動きもあって素晴らしいですね!
それと4番目の表翅がほぼ見えている写真もナイスです。
Commented by fanseab at 2010-07-08 23:49 x
yoda-1さん、いつもコメント有難うございます。
オオムラサキは野鳥にとって美味しい対象でしょうが、テリ張り中は、その野鳥にまで、果敢に挑む♂の姿に驚かされます。都市公園での繁殖は樹液が出るクヌギ類とセットで環境を提供せねばならず、しかも渓谷的な環境も整備しなければならないので、容易ではないでしょうね。
Commented by fanseab at 2010-07-08 23:51 x
himeooさん、コメント有難うございます。オオムラサキの場合は、飛翔の力強さがポイントなので、そんな雰囲気の飛翔画像を撮ることが目標です。ある程度シャッター速度を遅くすることも必要かな・・・と思っています。
Commented by 霧島緑 at 2010-07-09 21:17 x
雄大なオオムラサキの飛翔が見事です。
力強い羽ばたきのため、強靭な翅もしなっていますね。飛翔写真でなければ見れないシーンで、かっこいいです。
Commented by fanseab at 2010-07-09 23:43 x
霧島緑さん、こんばんは。何とかオオムラサキの雄渾な姿を写しとめたいと悪戦苦闘しております。これだけのしなりがあるので、空気を圧縮して「パタパタ」という羽音が生まれるのだと思います。いつ見ても格好いいタテハですね。
Commented by ダンダラ at 2010-07-12 08:35 x
オオムラサキの飛翔、見事に捉えられていますね。
テリ張り中に飛び出すシーンは比較的撮影が容易ですけど、目の前を飛ぶオオムラサキは結構難しいです。
プラム、安いですね。
もう少しするとモモを買うのが楽しみですね。
Commented by fanseab at 2010-07-12 23:59 x
ダンダラさん、ゼフのシーズンですけど、オオムラサキはどうしても毎年追っかけをしてしまう魅力があります。何と言っても豪快な羽ばたきが魅力なんで、それを飛翔画像で表現することが大きなテーマになります。昨年は飛翔も静止も撮影していないので、この日は少し頑張りましたが、いつも暑さの戦いになって、途中でバテてしまいます。モモが買えるようになると、オオムラサキもそろそろ♀のシーズンになりますね。
Commented by maeda at 2010-07-13 17:37 x
飛翔は中々奥が深いです。
オオムラやオオイチなど大型のタテハは撮ってみたくなりますね。
この週末ははじめて北海道のオオムラに挑戦予定です。
Commented by fanseab at 2010-07-13 21:42 x
maedaさん、貴殿もそうかもしれませんが、パスト連射機を購入した後もデジ一の飛翔に拘って撮ってます。パスト連射ではどうも達成感がないんですね。デジ一のCMOSセンサーでパスト連射機能がついたら、話は別ですけど。オオムラサキの場合は、飛翔画像から羽音が聞えてくるような絵が撮れたらと思っています。
Commented by kenken at 2010-07-13 22:07 x
羽音、いや、翅音、聞こえてきましたよ。
いつもながらの見事なストロボ使いですね。このオオムラサキの青紫色の表現にはホレボレします。
自然光のもとでのストロボ、これが決め手でしょうか。樹液では周囲が暗いのでストロボ焚くと、どうしても不自然になってしまいますし。
まだきちんと撮っていないオオムラサキ、これもそろそろ取り組まんといかんなぁ~
亀レスで失礼しました。
Commented by fanseab at 2010-07-13 23:39 x
kenkenさん、翅音を聞いて頂いて(笑)有難うございます。
オオムラサキの青紫色は帰宅してからRAW現像でいじる時、いつも悩みます。記憶の上での紫色が意外と思い出せないで、苦労するのです。というのも、フィールドで観察する場合でも紫色は様々に変化しているのですよね。裏面がクリーム色なんで、チラチラ見える紫色が微妙に変わり、羽ばたきのスピードでも紫色の色相は変化するように思います。
ストロボを使うとまたまた紫色が変化するので、これまた難題です。
Commented by ma23 at 2010-07-15 06:56 x
お久しぶりです。きれいなオオムラサキ、しかも飛翔写真がばっちりでさすがですね。目の前にくるようなシーンにはほとんど出会えてないので、それだけでもいいなと思いました。
Commented by fanseab at 2010-07-15 07:16 x
ma23さん、ご無沙汰しています。オオムラサキに接近できるチャンスは、樹液か獣糞での吸汁シーンしかないですね。ただ、テリ張り中に降りてきた個体が小生の汗の匂いに引き付けられて、纏わりつく場面が時々あります。パスト連射で撮った絵がそんなシーンです。貴ブログで拝見する但馬の草原にもまた足を運びたくなりました。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2010-07-15 22:29
オオムラ飛翔なかなか見事なものですね。私も機会があれば、広角で撮影したいです。もうほとんどボロだろうなあ。
Commented by fanseab at 2010-07-18 22:08 x
ノゾピーさん、こんばんは。コメント有難うございます。
関西だと、オオムラサキが多産する場所は少ないので、撮影には苦労されますよね。何とか広角で頑張ってください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード