探蝶逍遥記

揚葉蝶あれやこれや

 えー、この表題でピーンと来た方は、かなりの蝶ブログ通ですね。そう、ブログ仲間、 nomusan が頻繁に使用される表題のパクリです。nomusan、借用すみません(ペコリ)。

 5月に入ってからのアゲハ撮影で、ブログ未掲載画像を集めてみました。最初はキアゲハ♀の産卵シーン。                                           ++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_20272987.jpg
D90-34、ISO=500, F11-1/800、-1.0EV、外部ストロボ、撮影月日・時刻:5月5日、9時51分

 近場の公園の湿地帯で撮影。セリに産んでいます。産卵回数は結構あったのですが、良いアングルで撮らせてくれませんね。お次は自宅から徒歩数分にあるマンション敷地内での撮影。朝っぱらから300mm超望遠を首からぶら下げて、ウロチョロしていると、不審がる視線を浴びて、辛いです(^^; ちょうど、ツツジの植え込みが満開状態なので、朝一番の吸蜜タイムに来る黒系アゲハが狙いです。9時過ぎに待望の黒い影が登場。ナガサキアゲハの♂でした。駐輪場脇の陽だまりに止まって開翅です。
f0090680_20275298.jpg
D90-34、ISO=400, F4-1/1000、-1.0EV、外部ストロボ、撮影月日・時刻:5月9日、9時08分

 少し向きを変えて、お約束?のベタ開翅ショット。
f0090680_2028945.jpg
D90-34、ISO=400, F6.3-1/320、-1.0EV、外部ストロボ、撮影月日・時刻:5月9日、9時08分

 日差しが左翅に当り、右翅は日陰状態。ストロボで光量バランスを調整していますが、やはり、この光の状況は難しいです。ただ右翅はナガサキ♂の質感が何とか出せたと思います。実は自宅付近でナガサキをじっくり撮ったのはこれが初めて。個体数は少ないのです。この開翅個体、飛立って、ロケハンで予想した通り、駐輪場脇のツツジの植え込みで吸蜜開始! すわっ・・って駆けつけたのですが、駐輪場のチャリが邪魔して接近できません。結局4回の吸蜜チャンスをものにすることができませんでした。チャリが撮影の邪魔になることの危険予知ができなかったことを反省。

 この後は、クスノキの周囲を群れ飛ぶアオスジアゲハの飛翔に挑戦。「薫風に舞うアオスジ」が作画上のアウトプットイメージ。バシャバシャ連射しながら観察すると、クスノキの株の周囲を舐めるように飛ぶ探雌行動と、クスノキの株間上空での占有行動を周期的に繰り返しています。探雌行動はともかく、占有行動では、ほぼ同じ高度を周回飛行しているので、周回飛行を300mmで切り撮ることに。約400ショット打って、ジャスピンが8コマ。アオスジの飛翔スピードを考慮すれば、御の字でした。
 最初は占有区域に侵入した他の♂を追尾・気散らすシーン。
f0090680_20283444.jpg
D90-34(トリミング)、ISO=500, F8-1/4000、-1.0EV、撮影月日・時刻:5月9日、10時03分

 画面の右端ですけど、奇跡的に1コマジャスピンでした。お次は単独飛行を2枚。
f0090680_20284813.jpg
D90-34(トリミング)、ISO=500, F10-1/4000、-1.0EV、撮影月日・時刻:5月9日、10時08分
f0090680_20285920.jpg
D90-34(トリミング)、ISO=500, F9-1/4000、-1.0EV、撮影月日・時刻:5月9日、10時49分

 クスノキの新芽と五月晴れのブルーを両方上手く入れる目論見に対して、1枚目が何とか雰囲気が出せました。この場面でアオスジと格闘していたおかげで、先週(5月16日)のミヤカラ飛翔は大変楽に追跡できたように思います。また、アオスジ撮影中、ふと、植え込みを見ると、ナガサキ♀が吸蜜中。かなり後翅に白紋が発達した魅力的な個体。慌ててシャッタースピードを飛翔モードの1/4000から1/1000に切り替える途中で、逃げていきました。ウーン、どうも吸蜜シーンとは相性が悪い一日でした。
by fanseab | 2010-05-23 20:33 | | Comments(8)
Commented by himeoo27 at 2010-05-23 21:04
アオスジアゲハは青空での飛翔がお似合いですね!それをカメラに収めるところがさらに凄いです。
Commented by nomusan at 2010-05-23 21:39 x
タイトルに誘引されてやって来ました。
ご紹介いただき、恐縮至極でございます(汗)。
ナガサキ♂、藍の感じが良く出てますね。流石です。

出来れば一番海苔したかった(爆)。
Commented by fanseab at 2010-05-23 22:55 x
himeooさん、五月晴れの空を見るとアオスジを撮りたくなります。もうちょっと、若葉が入る構図で切り撮りたかったのですが、飛翔では狙った構図で撮れるとは限りません。この辺は悩ましくもあり、チャレンジ心を掻き立てます。
Commented by fanseab at 2010-05-23 22:57 x
nomusan、一番海苔残念でした(笑)
タイトル名、今回は二回目のパクリでした。困った時の「あれやこれや」ですね。ナガサキ、次回は曇り日に撮影したいですね。
Commented by 愛野緑 at 2010-05-23 23:55 x
ナガサキはまだ出たてのようですね。もう時期が遅いのかと考えていましたが、そちらより北に位置する我がフィールドではこれからでも期待できるでしょうか。
Commented by fanseab at 2010-05-24 07:19 x
愛野緑さん、自宅付近でナガサキを真面目に追いかけたのは、今回が初めてで、例年の発生状況を把握できておりません。なので、そちらでの適期もコメントできませんが、春先の寒さを考慮してダラダラ発生のパターンかもしれませんね。
Commented by yoda-1 at 2010-05-26 12:42
ナガサキ♂の質感に脱帽です。
>約400ショット打って、ジャスピンが8コマ。
に、おこがましくも少し近親感を持ってしまいました。
YODAもfanseabさんの域に少しでも近づけるように、
頑張ります。
Commented by fanseab at 2010-05-26 22:49 x
yoda-1さん、コメント有難うございます。
ナガサキ♂は地味ですけど、渋い紺色に明るい空色鱗粉が散布された質感が好ましいものです。もう少し、曇り日できちんと撮りたい対象ですが、この手のアゲハは完品に出会うのが意外と難しく、なかなか思い通りには行きませんね。飛翔、特に高速で飛ぶ相手ですと、歩留はもともともっと低いもんですが、飛翔パターンが読めると多少上がる好例だと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード