探蝶逍遥記

新レンズの試写(4月18日)

 これまで敏感で接近し難いタテハ類や、梢上に止まるゼフ類撮影用としてNikon 80-400mmVRズームを愛用してきました。このレンズ、色乗りも抜群で、海外遠征やキリシマミドリの撮影に大変重宝してきました。しかし、使い込むに連れてズームレンズ特有の切れ味の無さに徐々に不満が出てまいりました。そこでかねてより、代替望遠レンズを物色してきた結果、この度、思い切って同じNikon純正の300mmF4レンズを購入いたしました。このレンズ、VR(手ブレ防止機能)はついておらず、一抹の不安はあるのですが、5年ほど前、レンタルでレンズを試写し、抜群の切れ味に惚れ込んだこともあり、今回導入を決定しました。同じクラスでCanon社からは手ブレ防止機能(IS)付の銘玉、300mmF4 ISが販売されており、既にCanon党のブログ仲間の多くの方が愛用し、多大な成果を挙げています。かくいう管理人もNikon社の300mmF4にVRが付かないなら、思い切ってKissデジとこのIS付300mmレンズを購入しようかなぁ、と何度も思ったものでした。

 さて、試写は近くの多摩川に出てのトライ。以下アップする画像は全て手持ちです。最初のモデルはベニシジミの♀。今年、実はベニを撮るのはこれが初めて。                                                                       ++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_2240012.jpg
D90-34、ISO=200, F8-1/640、-1.7EV、撮影時刻:15時23分

 300mmレンズは35mm換算450mmに相当するので、常識的に手ブレ防止目的で、1/500sec.以上のシャッタースピードを切らねばなりません。1/640sec.の結果は特に手持ちで問題ないレベルです。次にシャッタースピードを徐々に低速側にシフトしてのトライ。1/250sec.を切ると、流石にブレが目立ってきますが、根気良くシャッターを押せば、1/160sec.でも成功例を得ることができました。
f0090680_22405729.jpg
D90-34、ISO=200, F11-1/160、-0.7EV、撮影時刻:15時25分

 この2枚共に、400mmズームでは絶対に得られない解像度が得られており、期待通りの結果に満足です。お次は絞り開放でのテスト。お休みモードに入ったヤマトシジミ。本種も本年初撮りです。
f0090680_22412090.jpg
D90-34、ISO=200, F4-1/2500、-0.7EV、撮影時刻:15時49分

 実は本レンズ導入の目的の一つが、絞り開放で積極的に背景ボケを演出する作画です。90mmクラスのマクロでも背景ボケは得られますが、やはり長焦点レンズでのボケ味は一味違います。それと開放からキリリと締まる解像感に痺れます。お次は同じ開放で、これまたお休みモードに入ったモンキチョウ♀。
f0090680_22415353.jpg
D90-34、ISO=200, F4-1/1250、-0.7EV、撮影時刻:16時04分

 ただ、300mmクラスで絞り開放は、焦点深度が極めて浅いので、翅全面にピントを合わせるのは相当に厳しいですね。それでも翅や体毛の微構造が開放域でもきちんと表現できていることに、これまた満足。同じ場面をF11まで絞り込んでみたのが次の作例。
f0090680_2242111.jpg
D90-34、ISO=200, F11-1/200、-0.7EV、撮影時刻:16時05分

 相当に絞り込んでもボケ味は変化せず、あまりゴチャゴチャした印象は受けません。晴天のフィールドではシャッタースピードとの兼ね合いで、概ねF8-9程度での使用が増えるものと思われます。開放でのボケ味と切れ味が両立しているので、ついつい、次のような絵を撮ってみたくなりました。
f0090680_22423911.jpg
D90-34、ISO=200, F4-1/1600、-0.7EV、撮影時刻:15時53分

 ヒメオドリコソウを「踊り子」に見立てた作画です。このレンズの特性が良く理解できる絵になりました。このレンズ、予想通りの実力を確認しましたが、問題は曇り空等の条件の悪い時の対応です。VRなしでは、やはり一脚の使用が前提になるのかもしれません。その辺りのチェックは今後の課題です。
by fanseab | 2010-04-20 22:48 | 機材 | Comments(10)
Commented by ma23 at 2010-04-21 05:57 x
ついに導入ですね。レンズ変われどスタイルはそのまま健在、やっぱり個性って出るもんですね〜。これからも素敵なお写真楽しみにしてますよ!
Commented by saunterA at 2010-04-21 16:26
カメラのことはよくわかりませんが、上の写真のお花や蝶がすごく美しいことは、はっきりわかります。(笑)
地べたに咲くヒメオドリコソウ、こんなに綺麗に撮ってもらって喜んでいることでしょう!
Commented by himeoo27 at 2010-04-21 21:29
3枚目の「ヤマトシジミ」の閉翅の写真とってもチャーミング
に撮れてますね!背景が上手くとんで綺麗です。
Commented by fanseab at 2010-04-21 23:09 x
ma23さん、貴殿の300mmISにはずっと憧れておりました。
思い切っての導入です。ただX1.4テレコンを使っても手持ちで
行けるか?少し不安もあります。スタイルと言うか、開放での
絵作りはこのレンズでないと厳しいと思っての導入でもあります。
Commented by fanseab at 2010-04-21 23:10 x
saunterAさん、折角、大枚をはたいて導入したので、それなりの絵を描かねばと思っています。いかに綺麗に蝶を撮ってあげるか?永遠のテーマですよねぇ。ヒメオドリコソウ、ちょっといつもと視線を変えて撮ったら、雰囲気が変わりました。
Commented by fanseab at 2010-04-21 23:12 x
himeooさん、ヤマトも含め背景のボケをどう表現するか?このレンズで極めてみたいと思っています。そのためには背景にも神経を使わねばなりませんね。
Commented by ダンダラ at 2010-04-22 11:50 x
私も最近はマクロで画質を追い込んで撮影していますが、このレンズも素晴らしい描写をしますね。
さすがに単焦点だけあって背景のボケもきれいです。
焦点距離もほどほど短いしいいですね。
私は70-300を使っていますが、マクロで寄る前の保険と考えて使っています。
このレンズを常用すると、ついつい楽をしてしまいそうですね。
Commented by fanseab at 2010-04-22 21:15 x
ダンダラさん、このレンズの描写力は鳥屋さんや航空機を追っかけしているカメラマンに絶大な人気があるので、折り紙付です。でもその性能をとことん発揮させるには、85mmマクロとは比較にならないほど、神経使いますね。楽して300mmで・・・というわけには行かないと思っています。しかし単焦点レンズの切れ味はつくづく凄いと実感しました。
Commented by otsuka at 2010-04-25 18:39 x
さすがに単焦点の解像度は違いますね。
さらに、その性能を発揮した写真が撮れるのもすごいです。
今後もすばらしい写真を期待しています。
私もこのレンズを一瞬考えたこともあるのですが、価格と重量と撮影の難しさの点で私には少し無理かと…
Commented by fanseab at 2010-04-25 20:06 x
otsukaさん、コメント有難うございます。
殆どレンズにおんぶに抱っこ状態ですが、やはりズームレンズとは違う解像度に満足しています。重量もさることながら、従来使用していたズームよりも全長が長いので、持ち運びには苦労します。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード