探蝶逍遥記

ルリシジミ♀(4月11日)

 日曜日は起きてみるとドンヨリとしたお天気。少し写欲があるので、近くの多摩川にお散歩撮影。狙い目はルリシジミの♀。3月中旬に♂が出始めでしたから、♀の最盛期かと思って探してみました。しかし、気温が高いけど、日が射さないため、蝶影はゼロ。土手をウロチョロしてようやくベニシジミ1頭発見も破損が酷く、これはパスしました。そのうち、ヒラヒラと足元からブルー系シジミが飛立ちました。サイズが小さいので、ヤマトの♂かと思って追跡すると、何と、目的のルリ♀。ヒメオドリコソウでの吸蜜シーンが撮れました。                                                                               ++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_223057100.jpg
D5K-85VR、ISO=400, F8-1/640、-0.7EV、撮影時刻:8時45分

 ヒメオドリコソウのピンク色が映えて、フンワリとした雰囲気に仕上がりました。開翅を期待して少し追跡してみますが、開く気配はありません。
f0090680_22311768.jpg
D5K-85VR、ISO=200, F13-1/100、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:8時51分

 結局、開翅してくれそうもないので、引き上げました。自宅に戻って所用をこなしているうちに青空が拡がってきましたが、フィールドに出られず、この日はこれでオシマイ。きっと土手で粘っていれば、♀開翅をゲットできたかもしれませんね。

 さて、この3月よりメインマクロレンズを5年間近く愛用してきたタムロン90mmからニコン85mmVRに変えています。VR(手ブレ補正機能)の効き目ですが、今回アップした2枚目のようにストロボ照射条件で、1/100sec.以下のスローシャッターを切る場合、歩留まりが増加したように思います。一方、日中の晴天下では、それほどメリットがあるようには思えません。また、インナーフォーカス方式なので、タムロンのように接近戦でグーッとレンズが前方に繰り出すことはなく、レンズ全長に変化がないのは便利ですが、同じワーキングディスタンスだと、インナーフォーカスの欠点として、実質焦点距離が短くなって、同じ撮影倍率を稼ぐのにより被写体に接近せねばなりません。シーズン最初にモンキチョウを撮影した際、距離感覚にかなり違和感を覚えました。コツバメやスジグロを追跡した10日になって、ようやくこのレンズの距離感が身についてきたように思います。また、ボケ味は、ルリの1枚目に示したように、タムロン同様、自然な感じですので、気に入っております。重たい105mmVRは敬遠していただけに、このレンズはこれからも重宝しそうです。
by fanseab | 2010-04-14 22:35 | | Comments(8)
Commented by yoda-1 at 2010-04-15 17:53
この日は、昼前後から晴れてきたのですよね。私は思わずに外に出てしまいました。
綺麗な側面画像ですね。自動焦点のままなのでしょうか。それともマニュアルでの追い込みもあるのでしょうか?
YODAも、早くルリシジミの新鮮個体の画像を撮りたいのですが、接近を断られている日々が続きます。
Commented by himeoo27 at 2010-04-15 21:55
一番上の画像は眼がとっても「かわゆい」ですね!
この手のシジミ類にはメロメロです。
Commented by fanseab at 2010-04-16 07:22 x
yoda-1さん、そうなんです。この日、昼過ぎにフィールドに出れたら開翅シーンを撮影できたかもしれません。小生、マクロ撮影は90%マニュアルフォーカスを使用しています。AFは信用していないので、AFを使用する場合でも、MFで微修正をかけています。ルリ♂は吸水時と朝方を除いて活発で敏感ですので、接近戦は苦労しますよね。
Commented by fanseab at 2010-04-16 07:31 x
himeooさん、いつもコメント恐れ入ります。ブルー系シジミの多くは複眼が真っ黒で、ドアップにすると、サングラスをかけたような異様な雰囲気になります。特にゴマシジミの複眼には思わず「引いて」しまいます。ルリ♀は翅の大きさと比べて複眼サイズが小さいので、まだ可愛さが残っていますね。
Commented by ダンダラ at 2010-04-17 21:54 x
1枚目のルリ、シャープで素晴らしいですね。
85mmと言うのがどうかなと思いましたが、考えてみれば銀鉛時代の135mmのマクロレンズと言うことですよね。
VRの効きはたしかに日中の撮影では関係ないですね。
Commented by fanseab at 2010-04-19 00:01 x
ダンダラさん、コメント有難うございます。
曇り空が幸いして細部のディテールが表現できたように思います。85mmの焦点距離はこれまで使用していたタムロン90mmと違和感はありませんが、微妙に距離感が異なります。慣れれば問題ない範囲です。VRは確かにあまり過信してはいけないですね。
Commented by banyan10 at 2010-04-19 18:07
ヒメオドリコソウの吸蜜は毎年狙っているのですが、いまだにどの蝶でも良い写真が撮れていません。
1枚目は蝶も花もすばらしいですね。
Commented by fanseab at 2010-04-19 23:22 x
BANYANさん、この時は単なる静止画像を撮ったと思ってよく見たら吸蜜・・・のパターンでした。ストローも細いし、一眼のモニターでよくみないと分からないことが多いですね。確かにヒメオドリコソウよりも周辺にあるオオイヌノフグリでの吸蜜が多いように思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード