探蝶逍遥記

遅ればせながらコツバメ(4月10日)

 左手の傷口もようやく塞がって、車のハンドルも握れるようになったので、久しぶりのドライブ遠征です。そうは言っても、ギフは自粛しました。ギフを見たら、絶対に無理をして今度は足でも怪我したらと、心にブレーキをかけました。と言うわけで、ターゲットは「自制心が働きそうな種」の中からスギルリに決定。昨年思わぬ場所でボロ♀を発見した近場のポイントに行ってみました。現地8時30分着。午前中は雲が多いとの天気予報通りで、気温は高いけど陽が射さず、暫く待っても主役が登場しないので、諦めました。かなり人工的な環境下で、個体数が少ないポイントなので、毎年継続観察は無理だったようです。

 ここをキッパリ諦めて、お隣の谷戸地形に移動。9時半頃からポカポカとした陽光が出て、スジグロやルリシジミが飛び始めました。谷戸の奥地で待機していると、テングやアカタテハに混じって小さな黒い影が・・・。そうコツバメでした。このシジミ、ここ2年間相性が悪くて見ておりません。そこで、この日はじっくりコツバメと付き合うことにしました。最初は岩の上に陣取って日光浴をしながらのテリ張りシーン。                                                                  ++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_1139677.jpg
D5K-85VR、ISO=200, F14-1/320、-0.3EV、撮影時刻:9時44分

 残念ながら少しスレています。お次は細い葉にしがみついてのテリ張りシーンを真正面から狙いました。
f0090680_1139217.jpg
D5K-85VR、ISO=200, F11-1/250、-0.3EV、撮影時刻:9時54分

 翅面を常に太陽に向けながらも、視線は前方を保つため、小首を傾げたようなポーズです。マクロレンズに写った自らの姿を敵と思って睨みつけているような迫力を感じます。次に縦位置広角で春の空も入れて撮りました。
f0090680_11393434.jpg
D40-24、ISO=200, F14-1/100、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:10時20分

 久しぶりD40を使うと流石に画素数がD90やD5000の1/2しかないことを実感します。仕上がりのキメが荒いですね。

 さて、コツバメと言えば、管理人が逆光縁毛幻光にハマッた縁(ゆかり)のシジミでもありますので、今回もじっくり縁毛幻光に拘ってみました。その3連発。
f0090680_1140177.jpg
D5K-85VR、ISO=200, F11-1/800、-1.3EV、撮影時刻:9時44分
f0090680_11401429.jpg
D5K-85VR、ISO=200, F11-1/500、-1.3EV、撮影時刻:9時53分
f0090680_11402726.jpg
D5K-85VR、ISO=200, F11-1/320、-1.3EV、撮影時刻:10時03分

 最初は冒頭にご紹介したマクロ画像を丁度反対側から狙ったもの。2枚目は今回の作例中、後翅の縁毛幻光が最も輝いたシーン。ギラギラと輝くのはコツバメならではの美点です。3枚目はこの日のベストショットと自画自賛した絵。タネツケバナとのコラボで春らしい仕上がりに満足です。しかし、♂は結構飛び古した個体だったので全般に縁毛の輝きは鈍く、縁毛幻光としては少し不満が残りました。やはり、2週間前が見頃だったかもしれません。

 この後は、休耕田を飛び回るスジグロシロチョウ♀をちょっと追いかけてみました。産卵と吸蜜を繰り返していたので、それぞれのシーンを狙ってみることに。しかし、いずれも難しい! 産卵時間も結構短く、葉被り没画像の乱造です(^^; 吸蜜も同様で、相当に低い位置で、苦労しました。何とか切り取れた2枚をご紹介しましょう。最初はタネツケバナへの産卵シーン。偶然、花弁が上手く配されて「十字花植物に産んでいます」図鑑的な絵が撮れました。
f0090680_11404585.jpg
D5K-85VR、ISO=200, F8-1/2000、-1.0EV、撮影時刻:11時26分

 続いてオオイヌノフグリでの吸蜜シーン。
f0090680_11405781.jpg
D5K-85VR、ISO=200, F8-1/1250、-1.0EV、撮影時刻:11時27分

 強いて言えば、花弁がこちら側を向いて欲しかったのですが、贅沢は言えません。また、春型♀で特徴的な後翅裏面の肩脈の様子が良く写ってくれたので、ヤマトスジグロではなく「スジグロ」と確実に同定できました。汗ばむような天気の下、休耕田でスジグロを追いかける・・・。やはり両手が使えて、蝶を撮影できるのは本当に幸せですね。そんな実感に浸った春の一日になりました。
by fanseab | 2010-04-11 11:47 | | Comments(26)
Commented by yoda-1 at 2010-04-11 12:39
fanseabさん。始動開始ですね。
コツバメの縁毛の青色が素晴らしいです。光の回析現象なのですか? いや~、感服です。
Commented by べにしじみこむ at 2010-04-11 14:45 x
はじめまして。
こつばめ、広島、で検索してやってきました。すばらしいコツバメの写真を堪能させていただきました。
翅外縁の青の色合い、とても素晴らしく写っています。
先日私もこの光をファインダーで認めて撮したつもりだったのですが、写っていませんでした。データを拝見するとマイナス1.3とありますが、これがこつでしょうか? 再度チャレンジしてみます。データがのってて、参考になります。有難うございます。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2010-04-11 15:43
流石縁毛フェチでいらっしゃいますね。青色が見事に出ています。こんな楽しみ方もあるんだと勉強になりました。
Commented by himeoo27 at 2010-04-11 18:07
コツバメの最後の写真後翅の縁に輝くブルー素敵です。
どうも順光でおめめパッチリ好きなヒメオオですが、眼から鱗の気分です。
Commented by ma23 at 2010-04-11 18:10 x
ようやく撮影ですね。コツバメたち、生態をうまく理解できる写真の数々です。スジグロシロ産卵もきれいに押さえられていてさすがです!贅沢はいつまでもつきませんね。
Commented by ヘムレン at 2010-04-11 18:40 x
逆光コツバメ・・・縁取りが綺麗です!(^^)
なかなかいいアングルで撮らせてくれない蝶ですが、お見事です。
スジグロの産卵もナイスです(^^)
Commented by fanseab at 2010-04-11 20:41 x
yoda-1さん、最初は無理せずにコツバメと遊んでみましたが、やはりフィールドに出ると、無理してしまいます。「自制心の抑制」は口ほど、簡単ではありません。縁毛のブルーは仰る通り、光の回折現象だと思います。縁毛間隔が種類により異なるので、出る種と出ないものがあって、そこがまた面白いのです。
Commented by fanseab at 2010-04-11 20:44 x
べにしじみこむさん、拙ブログへようこそ!
縁毛のブルーは逆光で撮るので、通常の露光設定では縁毛が露出オーバー気味になり、強アンダーで撮ることが必要です。どの程度アンダーにすべきかは、お使いの機種により異なりますので、トライアンドエラーで試してみてください。
Commented by fanseab at 2010-04-11 20:47 x
ノゾピーさん、まいどどうも。縁毛フェチの小生を泣かせるコツバメですが、今回はちょっぴり鮮度が・・・。毎年、限られたチャンスしかないのが、難しいです。普通はギフを一生懸命撮る季節なので、今回の左手負傷で文字通り、怪我の功名でコツバメにチャレンジできた訳ですね。
Commented by fanseab at 2010-04-11 20:49 x
himeooさん、コメント有難うございます。
テリを張るシジミチョウの場合、独特な緊張感が漂うのですが、それを上手く表現することは難しいものです。今回は、縁毛を表現するため、敢えて逆光で撮ってみると、黒い地色も手伝って緊張感が表現できたように思います。
Commented by fanseab at 2010-04-11 20:52 x
ma23さん、そう、ようやくフィールドで頑張れました。久しぶりに飛び回るコツバメを追跡するのは、骨が折れますね。ただ2頭でもつれ合って上空まで飛び上がるシーンを見ていると気分が爽快になりました。スジグロのような普通種も構えて撮ろうとすると難しいですね!
Commented by fanseab at 2010-04-11 20:54 x
ヘムレンさん、春の日差しを浴びての蝶撮影は素敵ですね。コツバメを追いかけるのは、久しぶりで、動体視力を養う良い訓練になりました。縁毛幻光はライフワークなので、なかなか満足できる画像が撮れません。スジグロ産卵・吸蜜はこれまで撮れたなかでは、満足できる絵になりました。
Commented by kenken at 2010-04-11 23:01 x
ようやくハンドルが握れるようになりましたかっ。良かったですね!私もね、撮影時、こけないように、また、こけそうになってもゆっくり手をつくように気をつけています。
貴殿ならではの縁毛幻光えぇもんです。コツバメの水色が見事な仕上がりです。
スジグロの産卵シーン、本当に図鑑に使える生態表現です。特に、最後から1枚前、後翅にタネツケバナの花の形の影が写り込んでいるのがとってもお洒落で印象的です。
Commented by chochoensis at 2010-04-12 07:05
お怪我が少しよくなったようですが、お大事にしてください。=コツバメ=の後翅外縁の=毛=が幽玄な輝きをしている=写真=・・・驚きました!!!こういう角度での構図の写真があるんですね、私にはとても発想がわきません・・・さすがですね!!!
Commented by fanseab at 2010-04-12 07:24 x
kenkenさん、お陰様で何とか運転可能なレベルまで回復しました。ミヤマセセリ♀狙いで谷戸を探索中、ミヤマの代わりにコツバメと遊びました。縁毛幻光はもう少し光って欲しかったです。スジグロ産卵はストロボ未照射だったので、花の陰が面白い効果を演出してくれました。
Commented by fanseab at 2010-04-12 07:35 x
chochoensisさん、ご心配をおかけしましたが、お陰様で順調に回復しております。貴殿が出会うのに苦労されたコツバメに意外と楽に会うことができました。開翅をしないシジミだけに、普通のマクロでは代り映えがしないので、縁毛幻光表現は小生のテーマで追及しているところです。裏面がこれほど暗いシジミは他にいないので、ブルーの発色が際立つのだと思います。
Commented by thecla at 2010-04-12 22:55 x
負傷も順調に回復に向かっているようで良かったですね。
ここしばらく色々用事があったり天気がイマイチだったりして事前に予定が立てられませんが、GWは単騎で動かないといけないので、遠征の運転手買って出ますがいかがでしょう(^^;
Commented by fanseab at 2010-04-13 07:04 x
theclaさん、お陰様で何とか回復しました。まだ従来の飛翔撮影をするほどのムチャはできませんが、通常のマクロ撮影は問題なくできるレベルになりました。GWの件、申し訳ありませんが既に予定を入れてしまっています(^^;
Commented by clossiana at 2010-04-16 09:05
スギルリは残念でしたがコツバメが凄いですね。コツバメは可愛いというイメージでしたが、こんなにも美しく妖しい幻光を放っているとは。。。驚きです。↓のアカボシの幼虫ですが御存知とは思いますが最新の「やどりが」に越冬幼虫に関する短報が載っていましたね。読んでいて「これならfanseabさんの観察記録の方がずっと奥深いな』と思いました。
Commented by fanseab at 2010-04-16 23:03 x
clossianaさん、コツバメ♂の行動を良く観察すると、のどかな春とは反対に、猛烈に攻撃的な性格を持っていることがわかりますね。夏場のジョウザンやオオミドリのテリ張り同様、敵を迎撃する迫力は相当なものです。その攻撃的な緊張感を何とか表現しようと苦労しております。
アカボシ幼虫の件、まだ観察例が少ないので、「やどりが」で紹介されている長角型幼虫がその後、どのような履歴を辿ったか、興味あるところです。
Commented by maeda at 2010-04-19 19:01 x
こちらではまだ飛んでいませんので、全然遅くないです。
コツバメの縁毛が綺麗ですね。こんな風に観察したことありませんでした。このシーズンはよく見てみます。
Commented by fanseab at 2010-04-19 23:24 x
maedaさん、確かに北海道では、これからの蝶ですね。
縁毛はもう少し新鮮だと、前翅縁毛ももっとクッキリとしたブルーが拝めるはずです。逆光でもある限られた角度でしか光らないところが難しいところです。
Commented by べにしじみこむ at 2010-04-25 18:23 x
こんにちは。
先日はアドバイス有り難うございました。
あれから私も何回かトライし、多少は幻光が出せるようになりました。ブルーもですが、黄色が出た個体がありました。鮮度に影響するのでしょうか?
 貴殿の2枚目の写真のような、輝くブルーがなかなか出せません。来年の宿題になりそうです。
Commented by fanseab at 2010-04-25 20:12 x
べにしじみこむさん、こんばんは。
黄色や緑色が出るとは知りませんでした。ブルーの出方は鮮度で決まると思っています。他のシジミ類で観察すると、やはり鮮度の良い個体の方が、幻光が出現する角度が広いような気がします。それでも、コツバメは、傾斜日光浴をする関係で、幻光を出せるアングルが凄く狭いので、難しいと思います。来年もチャレンジしてみてください。
Commented by べにしじみこむ at 2010-04-29 18:44 x
こんばんは。
たびたび失礼します。青く輝く縁毛幻光を求めて、そしてできれば他の色を求めて、しつこくコツバメを追っています。
あまり綺麗な色ではありませんが、赤がどうにか出ました。
縁毛幻光という言葉を使わせていただいています。貴殿の造語?かと思ってるのですが。
 リンクを張らしてもらいました。今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by fanseab at 2010-05-03 22:22 x
べにしじみこむさん、こんばんは。コメント遅れてすみませんでした。拘ってのコツバメ追跡恐れ入ります。赤にはビックリです。こちらも遅ればせながら、リンクさせて頂きました。これからもお気軽にお立ち寄りくださいませ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード