探蝶逍遥記

アカボシゴマダラの幼虫(4月4日)

 ブログ仲間からはギフ撮影成功のニュースが飛び交っています。でも日曜日の神奈川県はムチャ肌寒い天気でした。今年は休日出勤が多くて、この日も午前中勤務。午後から左手のリハビリを兼ねて、近所のエノキを訪れました。越冬中の首題幼虫を調べると2頭が脱皮して色鮮やかな緑色になっていました。最初の1頭を真横から。                              ++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_23321135.jpg
D5K-85VR、ISO=400, F4.5-1/125、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:13時01分

 続いて、もう1頭を真上から。
f0090680_23322031.jpg
D5K-85VR、ISO=400, F10-1/30、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:13時04分

 いずれも既に摂食をスタートさせていました。いつも思うのですけど、この時期の幼虫は、エノキの新芽の質感・色調に見事に擬態させていると思います。残りの幼虫は3頭いずれも未だ樹上にへばり付いたままで、その内の1頭は、緑色がかなり濃くなって脱皮が近いことを思わせました。
by fanseab | 2010-04-05 23:33 | | Comments(8)
Commented by ainomidori443zeph at 2010-04-06 23:15
エノキの葉、大分大きくなっているようですね。こちらのエノキはというと、近所の小さい木は上の写真ほどになっていますが、他のは・・・見にいけていません(^^;
Commented by fanseab at 2010-04-07 07:17 x
愛野緑さん、おはようございます。エノキの新芽はまだ幼虫の大きさにまでは、成長していません。それでも一旦目線を切ると、幼虫の位置が分からなくなるほど、新芽に紛れてしまいます。
Commented by yoda-1 at 2010-04-08 12:20
ここまで、新芽というか幼葉に似ていると芸術的ですね。
人間よりも、蝶の方が何百万年も長く生きながらえているかのようです。
Commented by himeoo27 at 2010-04-08 20:12
上の写真、黄緑と緑の模様が飛行機から見た新緑の山襞のようで綺麗ですね!
Commented by fanseab at 2010-04-08 22:06 x
yoda-1さん、新芽に似せた脱皮直後の幼虫は、延びてきたエノキの葉に対応するため、更に脱皮すると、今度は緑一色に変化します。越冬中の体色とあわせて、本当に自然の知恵とも言うべき素晴らしい変化を示すと思います。
Commented by fanseab at 2010-04-08 22:08 x
himeooさん、いつもコメント有難うございます。
新緑の山襞・・・ですか?上手い表現ですね。確かにそんな雰囲気が漂いますね。ストロボを何回も当てていると、体を起こして威嚇ポーズになるので、余計山襞の雰囲気が強く出てきます。
Commented by maeda at 2010-04-10 11:46 x
エノキの新芽が出ているのですね。
ヤナギは出ましたが、まだ木々の芽は冬眠中です。
Commented by fanseab at 2010-04-10 20:43 x
maedaさん、もうエノキは少し高い株でも相当に新芽が出ています。やや低温が続いていますが、エノキの新芽は気温に関係なく伸びてくるような気がします。桜は散らずに相当持っていますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード