探蝶逍遥記

アカボシゴマダラ長角型幼虫(3月21日)

 更新の順番が逆転していますが、ミヤマセセリ撮影前日のスナップをご紹介しましょう。首題幼虫をご紹介した2月末から約1ヶ月が経過したので、様子を見に行きました。しかし、残念なことに姿が見当たりません。干からびた死骸もないことから鳥の餌食になったのでしょうか?今回は三度目の正直で何とか越冬を完了するかと期待していただけにガッカリでした。

 一方、残りの短角型は根際から這い出してきたのか?新たに2頭が増え、全3頭を観察できました。最初はフェンスに引っかかっている枯葉に静止していた個体。                                                            ++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_23194014.jpg
D90-1855VR@55mm-gy8(トリミング)、ISO=400, F25-1/25、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時40分

 いつもよりトリミングを少なくして全体感を把握できるように処理してみました。個体は東向きに位置し、直射日光は当らない角度に潜んでいます。お次は真南の株上に居座る個体。
f0090680_23201236.jpg
D90-1855VR@55mm-gy8(トリミング)、ISO=400, F25-1/15、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時42分

 体長はいずれも約25mm。1枚目の個体は地上高6cm、2枚目は16cm高さに位置していました。いずれも体色は薄緑色を帯びており、この株の芽吹きも始まっていることから、もう2週間もすれば、摂食・脱皮をするかもしれません。長角型については残念ですが、来春、再チャレンジしたいと思います。
by fanseab | 2010-03-25 23:22 | | Comments(10)
Commented by himeoo27 at 2010-03-26 21:27
長角型幼虫とても残念です。
来年こそ旨く越冬して無事羽化してくれることを
期待しています。
Commented by clossiana at 2010-03-27 11:15
その後、左手の具合は如何ですか。。早く治ってカメラの重さが苦にならなければいいですね。ところで長角型はやはりダメでしたか。。ずっとどうなるのか興味津津でしたがもう少しというところで行方不明とは。。残念ですね。来シーズンに期待しています。千葉ではゴマダラの幼虫がエノキの幼木に登ってきているのが確認出来ました。
Commented by cactuss at 2010-03-27 17:32
前の記事を見て、びっくりしました。お大事になさって下さい。
小生も今まで、同じ状況で何回もこけた事がありいます。反射的にカメラを右手で守るために左手をつく事になりますが、今まで幸いに左手をついた場所が良かったため、大事には至らすにすんでいました。これからは気を付けたいと思います。
アカボシゴマダラの幼虫はまだ、撮影した事がないので、機会があったら撮影したいと思っています。
Commented by fanseab at 2010-03-27 22:01 x
himeooさん、もう少し、観察頻度を増して、どの時点で、何が起こったか?を正確に把握する必要がありますね。来年は2月から3月の越冬の鍵になる期間を重点的に見なければなりません。
Commented by fanseab at 2010-03-27 22:04 x
clossianaさん、ご心配有難うございます。お蔭様で少しずつ快方に向かっておりますが、未だ一眼レフを持てるレベルではありません。長角型越冬、↑のhimeooさんにコメントしたとおり、春の目覚めの時期がキーポイントなので、そこに焦点を会わせてみたいと思います。
Commented by fanseab at 2010-03-27 22:08 x
cactussさん、ご心配をおかけしました。仰る通り、体よりカメラが大事・・・になってしまいますね。これは考えてみれば本末転倒で、無事な体がなければ蝶撮影はできない訳でして、多いに反省しているところです。アカボシは神奈川県内であればほぼ全域に拡がっているので、例えば横浜あたりの自然公園で冬季に訪れれば、簡単に発見できるでしょう。
Commented by maeda at 2010-03-28 17:47 x
もうすぐ葉を食べ始める幼虫ですね。なかなかクリアーに写っています。
Commented by tsukikumo at 2010-03-28 20:46 x
もう一息だったのに残念ですね。こちらは先週までの暖かさで(成木はまだですが)幼木のエノキはもう芽を吹き出しています。(この一週間は寒の戻りで全く成長していませんが。)
う~ん、現地に行って長角幼虫を幼木中心に探してみたいです。
Commented by fanseab at 2010-03-28 21:43 x
maedaさん、三寒四温のこの頃、短角型はのっそりと起きて、摂食に備える感じがします。一方、長角型は暖かくなった時に急に行動して新芽を捜してウロウロしている最中に鳥に・・・のパターンかもしれません。
Commented by fanseab at 2010-03-28 21:45 x
tsukikumoさん、残念ながら今回も駄目でした。この時期は観察頻度を増やしてみなければなりませんね。それでも毎年、自宅の狭い範囲でも長角型が発見できるので、広範囲に探せば、それなりに見つかるかもしれません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード