探蝶逍遥記

ミヤマセセリ撮影に成功するも・・・(3月22日)

 3連休の前半は強風が吹き荒れたのと、所用で外出できず。最終日になってようやく近所に撮影に出かけました。これまで出かけたことのなかった多摩丘陵の一角に向け、車を走らせようとした矢先、エンジンがかかりません(^^;  突然やってきたバッテリー上がりにトホホです。やむなく電車でノンビリと現地へ・・・・。現地8時着。なかなか良さげな雰囲気でしたが、公園なのでちょっと人手が入りすぎているのが懸念材料です。暫く歩き回ってようやく陽だまりに飛ぶ黒い影を発見。今日のターゲット、ミヤマセセリ♂でした。気温が10℃をちょっと超える程度で、比較的鈍感だったので、真上からのマクロも何とか撮らせてくれました。                              ++横位置画像はクリックで拡大されます++ 
f0090680_19573564.jpg
D5K-VR85, ISO=200, WB晴天、F11-1/500、-0.7EV、撮影時刻:9時25分

 後で見たら右触角が枝被りでした。この日はやや肌寒いのか、一旦全開した後、翅を閉じ気味にする姿勢が、目立ちました。そこで、普段撮り難い裏面を重点にパチリ。
f0090680_19574850.jpg
D5K-VR85, ISO=200, WB晴天、F11-1/200、-0.3EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:9時27分

 この後、定番の飛翔撮影に集中。ところが、斜面でよろめいて左手をついた瞬間、掌に鈍痛を感じました。慌てて見ると、直径5mm程度、長さ5cmの枯れ枝が掌に突き刺さってほぼ貫通状態!すぐに枝を抜いて応急止血処置をした後、直ちに下山しました。そのまま救急外来に何とかかけつけ、化膿止め処置と鎮痛剤・炎症抑止剤を頂いて帰宅しました。出掛けのエンスト、そして手の負傷。。。。ミヤマは春の女神ならぬ、厄病神だったのかな?とにかく、かなり凹んだ休日となりました(涙)
by fanseab | 2010-03-22 19:59 | | Comments(22)
Commented by himeoo27 at 2010-03-22 20:13
左手のケガ大丈夫ですか?破傷風だけにはならない
ようにご自愛ください。
Commented by ヘムレン at 2010-03-22 20:14 x
手・・大丈夫ですか(><)・・貫通とは・・大変でしたね。
大事にしてください。
ミヤマセセリの裏面・・・見事ですね。なかなか狙って撮れないですね。
今日もミヤマは見かけたものの、被写体にはなってもらえませんでした(^^;)
Commented by ma23 at 2010-03-22 20:43 x
う〜すごく痛そうです。大事にしてください。ミヤマセセリいいですね。飽きるほど撮ってみたいです。
Commented by MatsuHImeji at 2010-03-22 21:21
ご難続きでお見舞い申し上げます。
強烈にズッキンズッキンしておられるのでしょうか?お労しい限りです。
そうそう、エイの尾を踏み抜いた飼育係さんは1週間程生死の境を迷われました。
どうか不幸中の幸いと思し召してご自愛下さり、
一日も早いご快癒をお祈りし、復活をお待ちしています。
Commented by nomusan at 2010-03-22 21:25 x
ほぼ貫通?しかも直径5mmって・・・大丈夫ですかぁ。
くれぐれも破傷風にはご注意を・・・(汗)。
右手はカメラを持っていたから左手だったのでしょうか?
右手でなかったのを不幸中の幸いといたしましょう。
お大事になさいませ~!
Commented by fanseab at 2010-03-22 21:48 x
himeooさん、ご心配をかけました。
そう、破傷風も恐いので、すぐ病院に行きました。つい魔がさした
と言うか、止せばいいのに藪に潜ったのが敗因でした。
Commented by fanseab at 2010-03-22 21:50 x
ヘムレンさん、励ましのお言葉恐れいります。
フィールドでの擦り傷とかはありましたが、今回のが最も
重たい怪我ですね。ミヤマの裏が撮れたので良しとしましたが、
後味の悪い一日となりました。
Commented by fanseab at 2010-03-22 21:52 x
ma23さん、やってしまいました(^^;; 不注意とは言え、凹み
ました。ミヤマ、いつもギフとセットで撮ってきちんと撮ったことが
ないので、マクロで撮るのは関西在住時以来です。
Commented by fanseab at 2010-03-22 21:55 x
MatsuHImejiさん、ご心配をおかけしました。
夜になって、結構腫れて、熱を持ち始めました。刺さり所が悪ければ、大事に至るところでした。ダナムバレーでの怪我でなくて
よかったです。ギフシーズン直前の怪我は本当に痛いです。
Commented by fanseab at 2010-03-22 21:58 x
nomusan、ご心配をおかけしました。刺さった瞬間は何が起きた
のか?理解できませんでしたが、無我夢中で枝を引き抜きました。そう、車で行っていたら、それはそれで運転できず、不幸中の幸いでもありました。
Commented by Noreen05 at 2010-03-22 22:08
すっかり蝶シーズンを迎えられモンキチョウ、ミヤマセセリと素晴らしい画像を拝見!っとと。。。何とお怪我をされていたのですね~枝を貫通!!痛そうですねーどうかお大事になさってくださいね。右利きならば左手で良かったかも?蝶を夢中で追いかけていると誰にでも起こりうるアクシデント気をつけます。
Commented by thecla at 2010-03-22 22:16 x
少しミヤマセセリの裏に拘って撮影した後、この絵を見てやられた~と思いましたが、その先を読んでさらにびっくり。
手のひらを枝が貫通というのは、ちょっと想像しがたいのですが、左手だから不幸中の幸いということでしょうか。
お大事になさってください。
Commented by kenken at 2010-03-22 22:39 x
ええっ、そりゃ大変だ!
読んでいるだけで、こちらにも痛さが伝わって、冷汗が・・・
レスは不要ですから、お怪我の治癒に専念なさって下さいませ。
私も気を付けます。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2010-03-22 22:43
ミヤマセセリ比較的低温が幸いしましたね。表面、裏面共しっかりと至近で綺麗に撮影されていますよ。左手を貫通とは、何が凶器になるかわかりませんね。本当気をつけてくださいよ。
Commented by 愛野緑 at 2010-03-22 23:41 x
大変な怪我をされてしまいましたね。お大事にしてくださいませ。
私も蝶を見ると足下なんか気にせずに追いかけますから、ヒヤっとしたこともあります。幸い無事にきておりますが、年も年ですし気をつけないと、と思いました。
お大事に。
Commented by furu at 2010-03-23 00:15 x
読んでるだけで痛いです・・・、お大事にしてください。
フィールドでの細い切り株などにはヒヤッとする事がよくあるので気を付けなければ...。
Commented by chochoensis at 2010-03-23 08:06 x
お怪我をなされたそうで、お大事にしてください。車のトラブルといい手の負傷といい、大変でした・・・ご自愛ください・・・。小生のように足元もおぼつかなくなると時々アクシデントに見舞われますが貴殿はお若いので治りも早いことを祈ります。お大事に・・・。
Commented by fanseab at 2010-03-23 21:08 x
Noreenさん、theclaさん、kenkenさん、ノゾピーさん、愛野緑さん、furuさん、chochoensisさん、一括レスですみません。暖かいコメント有難うございます。本日再度病院で傷口の消毒と、念のため破傷風のワクチン接種をしておきました。お蔭様で腫れはかなり引いたのですが、まだ傷口が傷む状態です。今回は国内、それも都市圏ですぐに病院にかかれる状態で幸いでした。これが海外遠征だとしたら、ゾッとします。皆様もフィールドでは気をつけて撮影されたらと思います。いろいろとご心配有難うございました。
Commented by maeda at 2010-03-24 20:58 x
人間は意外と強いもので、無事に終わることが多いですが、これが海外だと間違いなく感染症でひどい目に会いますね。下手すると手首先から切断です。海外遠征は本当に注意が必要です。特に貴殿が好きな東南アジアは。
Commented by fanseab at 2010-03-25 07:28 x
maedaさん、ご心配をおかけしました。お陰様で昨日に比べ腫れが大分収まってきました。年甲斐もなく、無我夢中でかけずり回る飛翔撮影は極めてリスクの高いことを実感しました。そろそろカシオ方式に切り換えようか?真剣に考えています。
Commented by ダンダラ at 2010-03-25 12:12 x
手の怪我、大変でしたね。
読んでいて、背筋と言うか下半身と言うかぞくぞくとしてきました。
ミヤマセセリなどは足場の悪いところを飛ぶことが多いので、無理をしないように注意しないといけないですね。
私はこのところ、年のことを考えて無茶をしないようにしています。
昨年のクモツキの渡渉をあきらめたのもそうですが。
Commented by fanseab at 2010-03-25 23:07 x
ダンダラさん、ご心配恐れ入ります。
今回の件で、これまで相当無茶をしていたと、多いに反省しております。ご指摘の通り、ミヤマが見通しの良い場所からブッシュの多いポイントに活動場所を変えた頃、藪に詰まれた枯木の束に躓き、手をやってしまいました。年を考えて行動しろ!とミヤマから諭されたのかもしれません。フィールドでのリスク管理にこれからも一層力を入れるつもりです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード