探蝶逍遥記

コンクリート塀上で越冬中?のツマグロヒョウモン幼虫

今日の関西地方、雨が上がって晴間が出ましたが、所用で遠くに出られず、超近場での観察レポートです。
本体HP・番外編、「ツマグロヒョウモン」に書きましたが、道路脇で発生したスミレを利用している首題幼虫の継続観察です。下の写真はポイント風景。
f0090680_20452484.jpg
今月初旬の観察では全部で6頭確認。1頭を除く、5頭が枯れたスミレを離れ、コンクリート塀に登っていました。ところが、昨日~本日にかけて精査したところ、下記の写真に示した1頭のみに減っていました。幼虫の体長はほぼ2cm。地上からの高さ30cmに静止しており、幼虫の左下にスミレの株が見えています。

f0090680_20454276.jpg
D70-10.5-X1.4TC、ISO=400、F16-1/15

コンクリート塀の壁に登ってしまう生態的背景はよくわかりませんが、わざわざ鳥等の外敵に体を晒すことは彼らにとって、極めてハイリスクの行動です。枯れたスミレの株を検すると、新芽がすでに出ており、少なくとも餓死ではないことは確か。死骸も転がっていません。どうやら恐れていた通り、鳥の餌食になったのでしょうか?

母蝶(♀)はカバマダラやスジグロカバマダラに擬態しながら、子孫繁栄に必死の努力をしているのに、息子(娘)達はのんびりと塀の上に寝そべって鳥の餌食?になるんですから、自然界は不思議です。都市部のヒートアイランド化や、公園等で競って植栽されるパンジー等の食草確保の容易さ等、複数の要因が重なって東進してきたツマグロヒョウモン。コンクリート塀等に囲まれたスミレ周辺での生存戦略は未だ手探り状態のようです。
by fanseab | 2006-03-19 10:48 | | Comments(6)
Commented by ze_ph at 2006-03-19 22:01
fanseabさんの丁寧で着眼点の鋭い生態観察には、頭の下がる思いです。
確かにどうしてツマグロヒョウモンの幼虫は目立つ状態で動き回る必要があるのでしょうね。
毒々しい配色が偽りの警戒色となっているために、わざと体を目立たせている(もしくは、身を潜める能力が無い)のでは?と、今ふと考えてみたりもしました。
Commented by 6422j-nozomu at 2006-03-19 23:27
この蝶はヒョウモン類にしては異常に発生が早く、4月中旬頃には発生しますが、そうですか、まだ幼虫ですか。蛹になっていると思っていました。色的には警戒色の雰囲気がありますが、やはり鳥は毒がないことをご存じなんでしょうね。
Commented by ダンダラ at 2006-03-19 23:44 x
面白い習性ですね。
鳥には詳しくないですが、意外と地上30cmくらいの垂直な壁は、ホバリングしたりして餌をとるのはやりにくいのではないのかなという気がします。
それでも数が減ってしまっているのですから完全ではないのでしょうね。
Commented by fanseab at 2006-03-20 07:08 x
ze_phさん、夏場の世代でも同じ行動をするのか?もう少し様子を見なきゃいけないし、畦道に生えるスミレの葉ではどんな行動をするか?まだ謎解きの楽しみはあります。青森でも観察されてみたらいかがでしょうか。
Commented by fanseab at 2006-03-20 07:11 x
ノゾピーさん、ご紹介したポイントは通勤途上に観察できるので便利です。でも休日に道路脇にしゃがみこんで、撮影していると通行人から「何をお撮りになっているんですか?」と不審の目が注がれます^^;;
市街地での観察は気を遣います(笑)。
Commented by fanseab at 2006-03-20 07:14 x
ダンダラさん、鳥の犠牲になったのか、確証はありません。ご指摘のようにスズメが捕食しようとすると、ホバリングが必要でしょうが、カラスなら簡単に摘める高さです。犬の散歩も多いんで、犬が食べた?のかもしれません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード