探蝶逍遥記

アカボシゴマダラ長角型幼虫・その後(2月28日)

 先月、拙ブログでご紹介した首題幼虫の続報です。前回の静止位置を見るとおりません。鳥に食われたかと思ってエノキの株を探すと、位置を移動し、幹の裏側、ほぼ北東向きに静止していました。                                       ++横位置画像はクリックで拡大されます++                  
f0090680_20555497.jpg
D5K-1855VR@50mm-gy8(トリミング)、ISO=200, F29-1/20、-0.7EV、外部ストロボ+スレーブ1灯増灯、撮影時刻:14時38分

 何とか無事のようです。少し拡大してみました。
f0090680_2056994.jpg
D5K-1855VR@55mm-gy8(トリミング)、ISO=200, F29-1/60、-0.7EV、外部ストロボ+スレーブ1灯増灯、撮影時刻:14時34分

 金網の丁度裏側で、スレーブ増灯処理をしても上手く光が回りません。2009年の2月に見出した長角型個体は3月15日に干からびた状態で発見されましたので、今回個体は管理人が観察した中では、長角型での最長不倒?越冬記録になります。

 ここには短角型2頭も樹上越冬していましたが、1頭は行方不明、もう1頭はこれまた幹の裏側に移動していました。完璧に裏側なので、魚露目を使用しても、「2本の角」しか写せませんでした。
f0090680_20562867.jpg
D5K-1855VR@55mm-gy8(トリミング)、ISO=400, F29-1/60、-0.7EV、外部ストロボ+スレーブ1灯増灯、撮影時刻:14時45分

 ファイバースコープの先に魚露目をつけたような拡大系レンズがないと厳しい状況ですね。今日は寒の戻りがあったようですが、この長角型幼虫、3月をどのように乗り切れるか?さらに継続して観察するつもりです。
by fanseab | 2010-02-28 20:58 | | Comments(10)
Commented by himeoo27 at 2010-02-28 21:36
雪の日が前回掲載から何度かあったのにまだ生き延びて
いる長角型幼虫がいるとは驚きです。
越冬成功するかどうか、羽化時の翅の模様はどのように
なるのか?興味が尽きません。
Commented by 愛野緑 at 2010-02-28 23:42 x
多少移動しながら越冬しているのですね。
ここまで来れば寒さは大丈夫でしょうか?これからは天敵ですね。
Commented by fanseab at 2010-03-01 05:39 x
himeooさん、一番寒い2月を乗り切ることが越冬成功の鍵だと思っていました。今月一杯をこのまま過せば大丈夫と思います。
Commented by fanseab at 2010-03-01 05:44 x
愛野緑さん、越冬直後にはウロチョロ移動するのが普通ですが、真冬でも移動するのは初めて確認しました。確かに春先の野鳥の食害が心配ですね。
Commented by clossiana at 2010-03-01 08:13
長角型は未だ予断出来ないとしても、2月末迄生存出来たのですから、このまま越冬に成功しそうですね。そうだとすると長角型が越冬には不向きだとしても、短角型との差はほんの僅かでしかないってことなんでしょうね。それとも今年は暖かかったのかな?越冬場所が茶色なのに緑色してるってこともびっくりです。
Commented by fanseab at 2010-03-02 07:28
clossianaさん、短角型は越冬に備えて体液の氷点を下げるように液組成を変化させて対応していると思われます。一方、長角型は組成変化が少なく、本質的に厳冬期に対応できないと推定されます。ただ2月を乗り切りましたが、3月も短期間での気温の変動が著しいので長角型にとっては、まだまだ厳しい状況が続いていると思います。
Commented by ダンダラ at 2010-03-02 11:46 x
ずっと以前観察した長角型は、指で触ると硬くしこったような感じがあったのですが、これはどうなんでしょう。
当時は長角型と言った知識もなく、下に蛹の体でもできているのかと思ったくらいでした。
Commented by fanseab at 2010-03-03 07:43 x
ダンダラさん、おはようございます。長角型幼虫は数が少ないので、触って個体を痛めたら継続観察できなくなることを恐れて、硬さを確認でできていません。ただ、越冬前より体長も収縮し硬くなっているに違いないでしょう。
Commented by tsukikumo at 2010-03-05 17:50 x
ここまで来ればもう一息ですね。エノキは成木よりも幼木の方が秋も遅くまで葉を残し、春の芽立ちも早いように思われます。幼木で越冬している個体の方が長角型の越冬成功率は高いのではないでしょうか?アカボシの母蝶は幼木を好むようですし。
Commented by fanseab at 2010-03-06 10:06 x
tsukikumoさん、いつもコメント有難うございます。
仰る通りで、この幼虫がついている幼木は日当たりも良く、例年、4月の中旬頃には芽吹くので、上手く生き残れば、GW明けの羽化が期待できると思います。白化した春型の羽化シーンは是非ともゲットしたいと思っています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード