探蝶逍遥記

本体HPの更新:南ベトナムの蝶(1月24日)

 北タイに引き続き、2007年のゴールデンウイークに遠征した南ベトナム・カットティエン国立公園で撮影した画像を更新しました。今回更新分は5科19種。前回同様、下記種名をクリックすると対応するサイトのページにジャンプします。

(1)オナガタイマイ(Graphium antiphates
(2)マカレウスタイマイ(Graphium macareus
(3)メスシロキチョウ(Ixias pyrene
(4)ツマベニチョウ(Hebomoia glaucippe
(5)ドウケシジミ(Castalius rosimon
(6)プラウラナミシジミ(Jamides pura
(7)リカエニーナオナシウラナミシジミ(Anthene lycaenina
(8)アイダムラサキシジミ(Arhopala aida
(9)ツマムラサキマダラ(Euploea muciber
(10)シロモンルリマダラ(Euploea radamanthus
(11)シロスジマダラ(Euploea camaralzeman
(12)ペルセオイデスコジャノメ(Mycalesis perseoides
(13)ティケミナミヒュウモン(Cirrrochroa tyche
(14)ルリボシタテハモドキ(Junonia hierta
(15)マルバネイシガケチョウ(Cyrestis cocles.)
(16)ヤーヌコイナズマ(Tanaecia jahnu
(17)レクタリクイナズマ(Bassarona recta
(18)ビッタビロウドセセリ(Hasora vitta
(19)ポルスヒメチャバネセセリ(Halpe porus

 サイトにアップしなかった関連画像をやや大サイズで紹介しておきましょう。最初はオナガタイマイとレクタリクイナズマのツーショット。                 ++画像はクリックで拡大されます++                           
f0090680_12142847.jpg
D70、ISO=500, F9-1/1000、-0.3EV、撮影年月日・時刻:2007年5月2日、12時42分

 レクタにピンを合わせていたため、突然飛び込んできたオナガタイマイがピンボケ。仕方ないけど、今でも悔しいショットです。お次はメスシロキチョウ♂の吸汁シーン。パイナップルトラップに普通、シロチョウ類は来ないのですけど、メスシロは変わっていますね。
f0090680_1214461.jpg
D70S-VR84@400mm、ISO=500, F8-1/1000、撮影年月日・時刻:2007年5月2日、12時23分

 3枚目はリカエニーナオナシウラナミシジミ。
f0090680_121522.jpg
D70、ISO=500, F9-1/500、-0.3EV、撮影年月日・時刻:2007年5月2日、11時56分

 当時使っていた一脚の伸縮ボタンに止まって吸水しているシーンです。カメラ機材とのツーショットも後から思い出に残る画像になります。お次はサイトにもアップしたシロモンルリマダラ♂のヘアペンシル。
f0090680_12152010.jpg
GX100@5.1mm、ISO=100, F2.5-1/100、-0.3EV、撮影年月日・時刻:2007年4月30日、15時54分

 屋外も含め、管理人はマダラチョウのヘアペンシルの実物を見るのはコレが初めてでした。ドギツイ構造のペンシルは、渓流釣りに使うルアーを連想させるものでした。最後は羽化直に近いルリボシタテハモドキの♀。
f0090680_12153364.jpg
GX100@5.1mm、ISO=100, F7.2-1/40、-0.3EV、撮影年月日・時刻:2007年4月30日、17時07分

 後翅の瑠璃星模様の面積は、♂に比較して♀では小さく、その撮影は結構難物です。

 南ベトナムの蝶については、未掲載分が残っていますので、何とか今月中に更新を予定しています。また、現在、ブログ仲間の ze-phさんらが南ベトナム遠征で撮影された、溜息の出るような素晴らしい画像がブログ(青森の蝶たち)に連載されています。これは必見ですよ! なお、ze-phさんらが行かれたDambri周辺は管理人が遠征したNam Cat Tien公園と直線距離では大して離れていませんが、標高が700mほど高いため、観察される蝶相も微妙に異なるようです。いつの日か、Dambri周辺のポイントも訪問したいですね。
by fanseab | 2010-01-24 12:19 | | Comments(8)
Commented by saunterA at 2010-01-24 14:35
fanseabさん、こんにちは。
南国の蝶たちは華やかですね。
ルリボシタテハモドキ、今年の干支「トラ」のようにかっこいいですね~♪
緑の草の上で輝いて見えます!
Commented by himeoo27 at 2010-01-24 15:01
シロモンルリマダラ♂のヘアペンシル吃驚ですね!
多摩動物公園かぐんま昆虫の森の温室内のオオゴ
マダラでも観察みようかな?
Commented by fanseab at 2010-01-24 21:28 x
saunterAさん、こんばんは。
寒い日には、熱帯アジアの蝶画像を編集して少し温まることに
しています(笑) 
>ルリボシタテハモドキ、今年の干支「トラ」のように・・・
そうかっ!年賀状に使う手がありましたね!全然気がつかなかった
です。
Commented by fanseab at 2010-01-24 21:31 x
ヒメオオさん、シロモンルリマダラを目の前でじっくり眺めようと
思って摘み上げた時、急にペンシルを出したのでビックリしました。
昔、海野さんの写真集か何かでリュウキュウアサギマダラの♂が
出すシーンを見て、一度みたいと思っていたのですが、思わぬ
形で夢が実現しました。
Commented by chochoensis at 2010-01-26 08:49 x
fanseabさん、=シロモンルリマダラ=ヘアー・ペンシル・・・・すてきですね・・・そういえば、マダラチョウのヘアー・ペンシル・・・見たことが無いです・・・南ベトナムの蝶・・・どれも素敵ですがなんと言っても、オナガタイマイ・・・見てみたいです!
Commented by fanseab at 2010-01-27 00:12 x
chochoensisさん、シロモンルリマダラのヘアペンシルはやはり印象に残るシーンでした。試しにシロスジルリマダラの♂も捕獲して刺激をしましたが、こちらはペンシルを出してくれませんでした。オナガタイマイはようやく撮影できた、小生にとっても憧れのアゲハでした。
Commented by grassmonblue at 2010-02-01 13:14 x
昨日はおつかれさまでした。
率直な話し合い興味深く過ごすことができました。
ベトナムのチョウ魅力ありますね。最近とくに人気が高いようですね。
いながらに生態写真が楽しめるのが嬉しいです。
Commented by fanseab at 2010-02-01 23:55 x
grassmonblueさん、そちらこそお疲れ様でした。
皆さんの情熱がこもった楽しい話し合いだったと思います。
ベトナムは戦乱を受けた割りには深い森がまだ残っていて魅力
的な土地です。ただ、開発も進んでいる訳でいつまでも魅力的な
ポイントであってほしいと願うばかりです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード