探蝶逍遥記

本体HPの更新:北タイの蝶(1月10日)

 予告通り、首題の蝶、残されたアゲハチョウ・シロチョウ・シジミチョウ・セセリチョウの4科計15種の更新をいたしましたので、ご覧ください。これで2006年遠征分に撮影できた蝶は全てサイトにアップしたことになります。前回記事同様、以下のリストの種名をクリックすると本体HPの該当ページにジャンプします。

(1)オナシアゲハ(Papilio demoleus
(2)ナガサキアゲハ(Papilio memnon
(3)アオスジアゲハ(Graphium sarpedon
(4)キロンタイマイ(Graphium chironides
(5)アカネシロチョウ(Delias pasithoe
(6)ベニモンシロチョウ(Delias hyparete
(7)タイワンシロチョウ(Appias lyncida
(8)タイワンキチョウ(Eurema blanda
(9)プラキドゥーラタッパンルリシジミ(Udara placidura
(10)コシロウラナミシジミ(Jamides celeno
(11)シロウラナミシジミ(Jamides alecto
(12)ヒメウラナミシジミ(Prosotas nora
(13)ナツメシジミ(Castalius rosimon
(14)コハエレンスシロシタセセリ(Tagiades cohaerens
(15)キマダラセセリの一種(Potanthus sp.)

 最後の一種は同定不可能だった種を例外的に掲載しています。他にも4-5種撮影済みのセセリがあるのですが、セセリチョウの大家に同定依頼をしても「これだけの画像からは不可能」との答えが得られたため、掲載を見送っています。今回は大サイズ画像で拡大してご紹介するほど、いいコマがないものの、ナガサキアゲハ♂とヒメウラナミシジミ♂の吸水画像を貼っておきましょう。
++画像はクリックで拡大されます++

ナガサキアゲハ♂
f0090680_2058453.jpg
D70S-VR84@340mm、ISO=400, F9-1/250、撮影年月日・時刻:2006年3月23日、13時56分

 国産品に比較して後翅の青鱗粉の載り方が強く、この鱗粉がキラキラ輝いてシックな美しさがあります。

ヒメウラナミシジミ♂
f0090680_20581264.jpg
D70、ISO=400, F13-1/50、-0.3EV、内蔵ストロボ、撮影年月日・時刻:2006年3月23日、17時34分

 このシジミには北タイで初めて出会い、それから南ベトナム、キナバル山麓でもお馴染みになりました。それこそ蝿のように飛び回って、止まる回数が少なく、個体数の割りに撮影し難いシジミだと思います。「北タイの蝶」が一区切りつけたので、お次は「南ベトナムの蝶」の編集に移りたいと思います。

 振り返って本体HPに掲載済みの種類を計算したところ、210種(掲載予定種267種:韓国・国内の蝶を除く)になりました。いつのまにか200種を超えたことになります。
by fanseab | 2010-01-10 21:01 | | Comments(10)
Commented by chochoensis at 2010-01-11 09:45 x
fanseabさん、ベニモンシロチョウ・アカネシロチョウの仲間は、最初にタイに出張した時に観察した懐かしいチョウです・・・、その時は仕事が中心だったので、ただ美しいな・・・と眺めただけでした、それでも満足していましたがこの写真を見て、当時のことを想いだしています・・・。ありがとうございます。南ベトナムも期待しています・・・。
Commented by banyan10 at 2010-01-11 16:44
シジミとアゲハは八重山と共通種がかなり多いのですね。
こうして個別にリンクしてもらえると見やすくて助かります。
Commented by thecla at 2010-01-11 19:06 x
ナガサキアゲハの後翅の青鱗、すごいですね。これが吸水しながらパタパタしていたら幻想的な光景のような気がします。
Commented by fanseab at 2010-01-11 19:48 x
chochoensisさん、アカネシロは現地で丁度端境期だったのか?オンボロの画像ですみません。アカネシロは完品でした。Deliasの仲間は写したい時に撮影できない種類なので、苦戦します。小生もタイに長期出張するチャンスがあればいいのですが・・・・。
Commented by fanseab at 2010-01-11 19:51 x
BANYANさん、八重山だと、迷蝶を含めると結構の共通観察種があると思います。ただ、亜種が異なるものもいて、多少顔つきが違うもの多いようです。
Commented by fanseab at 2010-01-11 19:53 x
theclaさん、こんばんは。このところフィールドに出ず、専ら過去画像の整理をやっております。北タイもそろそろ4年経過するので忘れないうちに写真の整理をすることにしました。日本だとナガサキ♂はあまりパッとしないですけど、青鱗が載ると、まるで別種のような輝きが出ます。
Commented by khaoyai_m at 2010-01-16 07:11
お早うございます!
何時も楽しく拝見させて頂いております。
アカネシロ、僕もボロの写真しか有りません。
ナガサキの青い鱗粉、本当に綺麗ですね。
プラキドゥーラタッパンルリシジミとタッパンルリシジミの比較、
とても参考になりました。
Commented by fanseab at 2010-01-16 21:46 x
カオヤイさん、こんばんは。
コメント有難うございます。アカネシロとは相性が悪いようで、
香港でもボロ、北タイではもっと酷い個体でした。どこかで綺麗な個体に出会いたいと思っています。ルリシジミの同定は難しく、いつも自信はありません。裏面斑紋変異幅が多いのもこの仲間の特徴なので、余計神経を使いますね。
Commented by yoda-1 at 2010-01-31 04:29
おはようございます。
おかげさまで、ようやく小生の香港レポートが終わりました。
キマダラセセリの仲間(Potanthus属)はすごい数なのですね。ビックリしました。残念ながら、Butterflies of Thailand Pisuth Ek-Amnuay, 2006.
の貴重な図鑑を持っていないのですが、YODAがその昔シンガポールにいたときに購入していた図鑑に、Butterflies of West Malaysia and Singapore W.A.Fleming,1983. が手許にあります。ここにはPotanthus属が13種しか掲載されていませんが、拝見した画像からは、P.rectifasciatus が似ているように感じました。初心者の感想で当然自信もありません。
Commented by fanseab at 2010-01-31 20:39 x
yodaさん、香港レポート作成お疲れ様です。実は「北タイの蝶」コーナーにアップしていないセセリを7種程度ストックとして保有していますが、小生が仮同定した種名をセセリの大家に判定して頂いたところ、すべて誤同定か、同定不能とコメントされました。キマダラの仲間も交尾器を見るか、腹端の拡大画像がないと同定はほぼ不可能のようです。香港はまだ種類数が少ないのでやや楽だと思います。それとコメントされている「Butterflies of Thailand 」にも誤記載が500箇所近くあって、悩ましいものがあります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード