探蝶逍遥記

本体HPの更新:北タイの蝶(1月8日)

 2006年の春に遠征した北タイで撮影した画像編集をこのお正月中に精力的に実施し、タテハチョウ科全種の編集をようやく完了しました。下記残り18種を一挙にアップしましたので、ご覧ください。種名をクリックすると本体HPの該当ページにジャンプします。

(1)ウスイロコノマチョウ(Melanitis leda
(2)メカラヒカゲ(Mycalesis mekara
(3)コウラナミジャノメ(Ypthima baldus
(4)ウラベニヒョウモン(Phalanta phalantha
(5)コウモリタテハ(Vindula erota
(6)リラエラキミスジ(Symbrenthia lilaea
(7)クロタテハモドキ(Junonia iphita
(8)コノハチョウ(Kallima inachus
(9)キンミスジ(Pantoporia hordonia
(10)リュウキュウミスジ(Neptis hylas
(11)タイワンイチモンジ(Athyma cama
(12)ヒラヤマミスジ(Athyma opalina
(13)シンゲツイチモンジ(Athyma zeroca
(14)ツマジロイチモンジ(Labadea martha
(15)コキトゥスヒメイナズマ(Cynitia cocytus
(16)チビコムラサキ(Rohana parisatis
(17)チビフタオチョウ(Polyura athamas
(18)ミルラテングチョウ(Lybithea myrrha


 本体HPの画像サイズは結構小さいので、ここでは、シンゲツイチモンジとコキトゥスヒメイナズマをやや大サイズ画像でご紹介します。       ++画像はいずれもクリックで拡大されます++

シンゲツイチモンジ♂開翅
f0090680_13491593.jpg
D70S-VR84@400mm、ISO=640, F7.1-1/800、+0.3EV、撮影年月日・時刻:2006年3月25日、12時32分

 遠征先のポイントでは数種のAthyma属(ミナミイチモンジグループ)が飛び交っていました。小気味良く飛翔するAthymaを撮影していると、タテハフリークの管理人は時を忘れてしまいます。スッキリとしたイチモンジ模様のこのタテハは印象に残る蝶となりました。

コキトゥスヒメイナズマ♂吸汁
f0090680_13492599.jpg
D70、ISO=500, F10-1/250、+0.3EV、撮影年月日・時刻:2006年3月25日、14時57分

 こちらはやはり数種の撮影に成功したイナズマの中で唯一90mmマクロの射程で捉えることができた作例です。ヒメイナズマグループの♂はかなり地味なタイプが多く、それほどフォトジェニックではないですが、スラウェシのタテハを思わせる前翅端が反り返った独特な翅形が魅力です。
 
 今回編集して改めて気が付いたのは、画像の彩度が全般に黄色にカブっている点です。当時使用していたD70のCCD特性なのか?不明ですが、RAW現像ソフトで彩度調整を実施しても上手く調整しきれませんでした。当時はRAWでなくJPEGオンリーの撮影でしたので、今から思えばRAWで撮っておけば・・・と反省しきりです。タテハが完了しましたので、近々に予定している次回更新時にアゲハ、シロチョウ、シジミ、セセリの残りをアップしたいと思います。ご期待ください。
by fanseab | 2010-01-09 13:56 | | Comments(8)
Commented by himeoo27 at 2010-01-09 15:26
「コキトゥスヒメイナズマ♂」は名前も形状も
カッコ良い蝶ですね!

(1)~(18)までクリックして楽しみました。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2010-01-09 16:37
HPの更新作業お疲れ様でした。私も超手を抜いていますが、結構面倒くさいでしょ。私もJPEG派ですので、RAWで撮影するとどれほどの違いがあるのかわかりません。補正とか面倒くさそうだし。(笑)
Commented by fanseab at 2010-01-09 20:27 x
himeooさん、イナズマは日本では見ることのできない仲間で、
相当に種類があって、楽しめます。飛翔の豪快なタテハは
魅力的で、一番追求したい部分でもあります。
Commented by fanseab at 2010-01-09 20:30 x
ノゾピーさん、こんばんは。お正月はちょっと出歩けない事情が
あって、HP更新作業にいそしむことができました。越冬蝶を撮影
し始めてから、HP更新をする時間がなくなり大変ですが、小生に
とって、ブログは日記、HPは写真アルバムですので、更新も地道
に続けていきたいと思います。RAW現像は大分慣れてきたので、
今ではそれほど面倒くさくはありませんよ。
Commented by chochoensis at 2010-01-10 07:26 x
fanseabさん、北タイの蝶・・・タテハ編・・・楽しみました。素晴らしいですね、他の科も楽しみにしています!
Commented by fanseab at 2010-01-10 21:17 x
chochoensisさん、いつもコメント有難うございます。
何とか更新にこぎつけました。引き続いてアゲハチョウ以下も本日更新しましたので、ご覧になってください。
Commented by yoda-1 at 2010-01-12 12:53
自分も今回の香港だけでへとへと状態なので、fanseabさんの大変さが理解できるような気がします。特に棲息域とか英文表示までせれると、それはもう想像を絶しています。
今回のアップされた蝶では、特にツマジロイチモンジに遇いたいです。YODAもいつかは、この貴重な記録を参考にタイにも行ってみたいです。
Commented by fanseab at 2010-01-12 22:42 x
yoda-1さん、こんばんは。
正月休みとかまとまった休日が無いとHPの更新は気楽にはできません。それでもブログと違って、じっくりと解説文を考えながら、頭の整理をするには絶好の機会なので、HPの更新は大事な作業です。
ツマジロイチモンジはそれほど珍品ではないので、シンガポールとかで撮影チャンスは多いと思います。チャレンジしてください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード