探蝶逍遥記

2009年回顧録(1)前半戦

 もうあとちょっとで今年も終わり。昨年同様、今シーズンをトラックバックして、思い出のシーンに浸ることに・・・・。まぁ、究極の自己満足ですが、楽しい思い出もあれば、撮り逃がした悔しさとか、いろいろありましたねぇ~。今回は1-6月を振り返ることにします。

 さて、1月は越冬シジミの探索で幕を開けました。某国営TV放送に協力することもあって、結構真剣に探しましたね。ムラツも正月頃には数を減らしていたので苦労しました。ここはムチャクチャ低い位置にいた2頭集団のドアップ画像を。                            ++横位置画像はクリックで拡大されます++ 
f0090680_0255885.jpg
D90(トリミング)、ISO=200, F11-1/500、-1.3EV、外部ストロボ、調光補正-1.0EV、撮影年月日・時刻:1月4日、10時07分

 ♂2頭が体を寄せ合って寒そうにしていました。2月はこれまで真剣にやったことのないゼフ越冬卵の撮影に凝ってみました。ウラゴにトライした結果です。
f0090680_0261734.jpg
D90-SMZ@80mm(トリミング)、ISO=200, F32-1/200、-1.3EV、外部ストロボ、調光補正-1.0EV、撮影年月日・時刻:2月21日、11時41分

 何故か、この画像を見るたびに甘党の管理人はタルトとかベイクドチーズケーキを食べたくなるのです。3月からは待望の新羽化成虫が撮影できますね。今シーズン真面目に取り組んだ普通種の撮影から、ベニシジミをご紹介しましょう。とびきりブルー鱗粉の載った♀にはびっくりさせられました。
f0090680_0263296.jpg
D90、ISO=200, F11-1/200、-0.7EV、撮影年月日・時刻:3月28日、13時47分

 4月はギフに振られたり、天候の相性がとても悪かったように思います。あまりいい印象の残らない月でした。ここではコンデジで撮影したお気に入りのコチャバネセセリをアップしておきます。
f0090680_0265350.jpg
GX100@5.1mm、ISO=80, F8.1-1/125、-0.3EV、撮影年月日・時刻:4月19日、9時36分

 セセリに目一杯寄って、コチャバネと対話するように写した思い出の画像でもあります。5月はゴールデンウイークに遠征した阿蘇でのオオルリシジミに尽きるでしょう。ブログ仲間のnomusanのお導きで極上の蝶撮影ができたことに感謝です。
f0090680_0271294.jpg
D90、ISO=200, F10-1/640、-1.3EV、撮影年月日・時刻:5月6日、7時44分

 6月は今年も大変忙しかったですねぇ~。課題としていたオオミスジと格闘していた合間に、どうしても撮ってしまうオオムラサキ画像で前半戦を締めることにしましょう。
f0090680_0272357.jpg
D40-10.5-X1.4TC(トリミング)、ISO=400, F2.8-1/2500、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影年月日・時刻:6月27日、13時05分

 オオムラサキ表翅の紫色を忠実に再現することの難しさを今年も再認識させられました。来シーズンはまたオオムラサキに拘りたいと思います。次回は後半戦です。<続く>
by fanseab | 2009-12-29 00:29 | | Comments(13)
Commented by himeoo27 at 2009-12-29 15:00
素晴らしい写真の連続を、楽しませて貰いました。

ドアップ好きな私としては一番上が大好きです。

また、オオムラサキの表の「蒼」の輝き良いです
ね!!!構造色は動いている時一番映えるのでし
ょうか?
Commented by yoda-1 at 2009-12-29 18:54
同じく、数々の素晴らしい画像を堪能させていただきました。
YODAもまだまだマクロ画像の方に走りますが、最初のムラサキツバメなのですか、このような画像に憧れます。やはりカメラはニコンなのでしょうか。
Commented by fanseab at 2009-12-29 21:43 x
himeooさん、有難うございます。
ムラツドアップ画像に一票頂きまして有難うございます。
ムラツの顔は悪役風で気に入っております。
オオムラサキは自然光でいかに紫色を出すか?苦労するタテハです。構造色と言っても、ゼフほど光線の角度と輝きの相関が明確でないので、逆に難しいと思います。
Commented by fanseab at 2009-12-29 21:45 x
yodaさん、こんばんは。
ムラツ画像、気に入って頂いて有難うございます。
カメラはニコンです。機材の記載はブログにおいても省略しております。詳細は本体HPの「はじめに」の項に詳細記載しておりますので、そちらをご覧ください。
Commented by ヘムレン at 2009-12-29 21:58 x
ムラツの目!綺麗なんですね~。。驚きです。
美しい写真ばかりでため息ものですね。さすがです(^^)
Commented by yoda-1 at 2009-12-29 22:02
TAMRON SPAF90mmF2.8DiMacroを使用されている際は、カメラ名の後に何もないのですね。
ありがとうございました。
Commented by fanseab at 2009-12-29 22:07 x
ヘムレンさん、先日はお疲れ様でした。
ムラサキ3兄弟の複眼は独特です。一度アップで撮られると
面白いと思います。全般にチョイ悪風で、ヤマトシジミの草食系?
と比べると対極にある顔つきです(^^)
Commented by nomusan at 2009-12-29 23:05 x
今だから話せますが、初日は冷や汗もんでした(笑)。
ゆっくり時間があるとお聞きしていたので、ちょっと(?)は安心して
ましたが、あれで「明日の午後の便で帰る予定」だったら、夜眠れなかったかも知れません(笑)。
私はベニシジミのブルーに一票(爆)。
Commented by fanseab at 2009-12-29 23:50 x
nomusan、その節はお世話になりました。
確かに初日、nomusanが引き上げるまでの観察個体数は少なかったですね。こちらも多少顔が引きつり気味でしたが、貴殿の余裕の表情で少しは安心しておりました(笑)
ベニシジミ、これは綺麗でした。来春も探してみようと思っています。
Commented by banyan10 at 2009-12-30 17:17
先日はお会いできて嬉しかったです。別摺りありがとうございました。
ベニシジミは印象に残っています。僕も気にして見ているのですが、ここまでの個体は見つかりません。
Commented by clossiana at 2009-12-30 20:35
やはりベニシジミですね。こんなブルーがあるとは驚きでしたね。普段何気なく見ている蝶でもまだまだ沢山秘密がありそうですね。
Commented by fanseab at 2009-12-30 20:56 x
BANYANさん、先日はこちらこそ、楽しい一時を有難うございました。ベニシジミのこのタイプはやはり春先に出やすいのか?来春もちょっときにかけてみたいと思います。
Commented by fanseab at 2009-12-30 20:58 x
clossianaさん、ベニシジミへの一票、有難うございます。
普通種の異常紋でも、ヤマトの流れ紋と比較してベニのブルーは美しさが際立ってフォトジェニックだと思います。前翅にまで、出るタイプもいたら凄いですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード