探蝶逍遥記

多摩川縁で撮影(9月6日)

 この週末はノンビリと過ごしました。今年の撮影課題に多化性のシジミチョウも挙げています。ヤマトやベニも未だ中途半端だったことを思い出し、急遽、多摩川に繰り出しました。先ずはヤマト♀のベタ閉翅。                               ++すべての画像はクリックで拡大されます++         
f0090680_22551249.jpg
D90、ISO=400, F11-/1250、-0.7EV、撮影時刻:7時33分

 ピーカンの晴天ですので、RAW現像はコントラスト弱めに調整しました。よく見ると複眼がわずかに草被りしているようです。開翅は諦めました。お次はベニシジミ。春型は♂♀閉翅・開翅のコンプリートセットを撮影済みですが、夏型は未撮影。なので、こちらは焦っています。初秋ともなると、春型っぽい個体もいて、夏型らしい黒ずんだ個体を探すのに苦労します。やっとそれらしき♀を発見。先ずは閉翅。
f0090680_22552818.jpg
D90、ISO=400, F8-/2500、-0.7EV、撮影時刻:7時54分

 さらにベタ開翅。
f0090680_22553899.jpg
D90、ISO=400, F16-/250、-0.7EV、撮影時刻:8時13分

 夏場は開翅角度が狭いので、翅全体の合焦は厳しいです。残念ながら♂の撮影には失敗。クルミの木の下に褐色のヒカゲが。たまにはナミヒカゲもきっちりと撮影してあげましょう。
f0090680_22555128.jpg
D90、ISO=200, F9-/250、-0.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:9時11分

 クルミの木を見上げていたら褐色のタテハが滑空しています。そのうち枝に降りてきました。どうやら樹液目当てのようです。先週も探索していたコムラサキの♂でした。
f0090680_2256753.jpg
D40-24、ISO=200, F9-/320、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:9時14分

 一見、新鮮そうですが、右翅は大破しているので、左側からの撮影です(^^;; 先週観察した♀に比べると、えらく小型で、恐らくキタテハよりも小さい感じでした。コムラサキが去った後、登場したのはアカボシゴマダラ♂。
f0090680_22562293.jpg
D90、ISO=200, F7.1-/250、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:9時44分

 アカボシの吸汁シーンは初撮影なので、素直に嬉しかったです。アカボシの右にボロボロのサトキマダラヒカゲが写っています。アカボシが吸汁している間に先ほど飛び去っていったコムラサキも登場。
f0090680_22563591.jpg
D40-24、ISO=200, F7.1-/400、-0.3EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:10時14分

 この両者がクルミの樹液に集う画像、5年前には見られなかった光景です。現在の多摩川縁の蝶相を象徴するような絵になりました。面白かったのは、樹液を吸う序列。コムラサキが樹液を吸おうと接近すると、アカボシはコムラサキを威嚇して追い払いました。結果、↑の絵のようにコムラサキはじっと辛抱してアカボシの食事が終わるまで待っていました。やはり、図体のでかいタテハは有利なのですね。
 
 最後に樹液を求めてやってきたアカボシ♂の飛翔シーンを貼りましょう。今シーズン撮影したタテハチョウ飛翔シーンの中でもベストの仕上がりなので、少し大きめの画像でのご紹介です。
f0090680_22565340.jpg
D40-24(ノートリ)、ISO=400, F5.6-/2000、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:10時32分

 川縁のクズの花も満開で、ウラナミシジミ♂の数も増えてきました。そう言えば、ウラナミも管理人の撮影課題であることを思い出しました。夏休みの宿題ならぬ、今シーズンの宿題はまだまだ沢山残っています。
by fanseab | 2009-09-07 22:59 | | Comments(20)
Commented by maeda at 2009-09-08 06:00 x
ヒカゲチョウが良い色していると眺めていると、アカボシが出て来て、やっぱりこの蝶は本土の蝶ではないですね。何となく合わないです。
Commented by fanseab at 2009-09-08 07:11 x
maedaさん、やはり人為移入種は直感的にシックリこない感じがあります。ナミヒカゲは日本固有種だから、なおさらですね。何と言ってもコムラサキの復活は素直に嬉しいです。
Commented by chochoensis at 2009-09-08 08:50 x
fanseabさん、=アカボシゴマダラ=の吸蜜写真・・・素晴らしいですね・・・いまだに吸蜜行動は、撮影出来ないでいます・・・羨ましいです・・・さらに驚いたのが、見事な=飛翔写真=!!!なんと美しい!!!素敵です。
Commented by clossiana at 2009-09-08 20:26
ナミヒカゲのリングが青く発色していて綺麗ですね。それから小さなアカボシですがキタテハよりも小さいとなると本当に小さいですね。そういう個体もいるのですね。コムラサキとのツーショットも考えてみればあり得ることですが、やはり未だ目にした人はほとんどいないと思います。とても貴重なシーンの撮影おめでとう御座います。
Commented by cactuss at 2009-09-08 23:30
普通種もアップできれいに撮ると味わいがあって、いいものですね。
アカボシの吸汁はいいですね。コムラサキとのカップルも対称的で面白い写真です。
でも、なんといっても木の葉の中の青空をバックに悠々と飛ぶアカボシの写真が最高です。撮ってみたい写真ですね。
Commented by kenken at 2009-09-09 01:06 x
最後の絵の青空は最高の表現です。
露出アンダーに設定して、外部ストロボ暗め発光で高速シンクロですね。私もfanseabさんのおかげで、ようやくそんな絵が撮れそうになってきました。
Commented by fanseab at 2009-09-09 07:19 x
chochoensisさん、タテハの吸汁シーンはどんな種類であれ、いい絵を撮るのが難しいです。ここは意図的に緑色の背景ボケになるように構図を工夫し、雰囲気が出たように思います。
Commented by fanseab at 2009-09-09 07:28 x
clossianaさん、ヒカゲチョウは第2化の盛期で綺麗な個体が多く、狙いました。キタテハより小さかったのはアカボシではなく、コムラサキの方です。両者のツーショットは先週から撮りたいシーンでしたので満足しています。
Commented by fanseab at 2009-09-09 07:36 x
cactussさん、おはようございます。多摩川だと珍品は無理ですので、普通種を丁寧に撮ることを心掛けています。アカボシは完全に定着し、もともといたゴマダラより個体数が多い現状です。最後の絵は偶然、蝶がど真ん中に入ったもので、もう一度撮れと言われても撮れないでしょう。
Commented by fanseab at 2009-09-09 07:47 x
kenkenさん、飛翔は1シーズンに1枚、「万馬券」がでますね。アカボシの絵はまさにそんな感じでした。今年の運は使い果たしたかもしれません(笑)ご指摘の撮影条件はほぼ固定されてきて、多少歩留は上がってきました。
Commented by banyan10 at 2009-09-09 18:58
アカボシの飛翔は素晴らしいですね。ちょうど青空の部分を飛んでいて、周囲を緑が彩っているのがいいです。
アカボシとコムラサキのツーショットも並んでいるのでなく、幹の両側にいるのがいいですね。
Commented by fanseab at 2009-09-10 07:14 x
BANYANさん、アカボシ飛翔はご指摘のように思いがけず、理想的な構図になりました。やはり、アカボシだと後翅の紅紋が強烈なアクセントになって、絵全体を引き締めてくれます。コムラサキとのツーショットはアカボシが追い払う瞬間を撮りたかったです。
Commented by ダンダラ at 2009-09-10 13:18 x
アカボシの飛翔は素晴らしいですね。
拡大してみると、その迫力が良く伝わってきます。
いつも思うことですが、ストロボを上図に使いこなされていますね。
Commented by fanseab at 2009-09-10 20:38 x
ダンダラさん、多摩川縁のアカボシは特別必死に探さなくても、撮影できる位、個体数が増えています。飛翔はパスト連射の誘惑もありますが、従来法に拘ってやってます。今回みたいな絵が偶然撮れてしまう楽しさはパスト連射にはないと思うからです。
Commented by ainomidori443zeph at 2009-09-12 21:05
アカボシの吸汁は初めてでしたか?撮影おめでとうございます。
コムラサキとの2ショットも良い雰囲気です。
Commented by thecla at 2009-09-13 18:55 x
多摩川周辺は、やっぱりアカボシが一番はばきかせてしまいましたね。
皆さん、ご指摘のアカボシの飛翔、もちろん素晴らしいですが、あえてコムラサキがお預けを食っているツーショットに一票!
なんとなくコムラサキの姿が「日本」に重なって・・・・(涙)
Commented by fanseab at 2009-09-14 20:55 x
愛野緑さん、アカボシ吸汁シーンはいつでも撮れるかな…って感じで、これまで縁がなかった感じです。このポイントを象徴するコムラサキとのツーショットの方が嬉しかったですね。
Commented by fanseab at 2009-09-14 21:01 x
theclaさん、アカボシが多摩川縁で繁殖する上で最大の障害となるのは樹液源の確保だと思っていました。しかし、ヤナギが彼等にとって、安住の地を提供したようです。その意味でもコムラサキとのツーショットは是非押さえたい画像でした。
Commented by grassmonblue at 2009-09-18 15:13 x
ごぶさたしていますが、すばらしい写真の数々拝見しています。特に最後の3-四枚のコムラサキ、アカボシの画像が好きです。
さて、拙ブログにてウラナミシジミ初見調査を行っています。日時、場所、頭数程度でけっこうですので、よろしくお願いします。
Commented by fanseab at 2009-09-18 22:34 x
grassmonblueさん、こちらこそご無沙汰しております。コメント有難うございます。貴殿向けに送付すべき課題写真もこれから未だ撮影すべき絵がたくさんありますね。ウラナミの件、承知しました。そちらで報告します。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード