探蝶逍遥記

オオミスジとオオムラサキ(6月27日)

 先週に引き続き、オオミスジの探索です。前回の反省から少し標高を上げて、標高900mの山梨東部を早朝から彷徨いましたが、成果が無く、慌てて前回のポイントに急行しました。ここでも姿は見えるものの至近距離に降りてくれず、イライラが募ります。それでも何とか♂らしき個体を撮影。              
++すべての画像はクリックで拡大されます++     
f0090680_23543043.jpg
D90-VR84@400mm, ISO=500, F11-1/800、-1.0EV、撮影時刻:10時17分

 しかし、ベタ開翅・閉翅のチャンスは全く無く、ガッカリです。そのうち、木陰で吸水を好む♀を発見。こちらは吸水に執着してくれたお陰で、途中から全開してピクリともしなくなりました。
f0090680_23551516.jpg
D70, ISO=400, F9-1/125、-1.0EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:10時33分

 やっと念願のベタ開翅が撮れました!そして偶に翅を閉じるチャンスを捉えて、ベタ開翅モドキの撮影にも成功。
f0090680_23554729.jpg
D70, ISO=400, F9-1/160、-1.0EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:10時32分

 ♀が静止した場面を縦広角でパチリ。
f0090680_23562727.jpg
D40-24, ISO=200, F11-1/40、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:11時00分

 ご覧のように日陰で、30分以上に渡って吸水してくれました。この日の山梨は30℃を越す猛暑で、撮影する管理人も木陰で付き合ってくれたこの♀個体に感謝でした。この後、この♀は産卵挙動に入りましたが、長くは続きません。その途中、飛翔にトライしていると、別の♀個体と絡んだシーンが撮れました。
f0090680_23564969.jpg
D40-10.5-X1.4TC(トリミング), ISO=200, F9-1/2500、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:11時56分

 露出設定の間違いをレタッチで修正したため、多少発色不良ですが、雰囲気は出ていると思います。

 さて、雑木林の縁でオオミスジ♀を追跡していると、突如、巨大なタテハが♀に絡みました。オオムラサキ♂でした。そろそろ出始めの予感を持ちながらの山梨出撃でしたが、一年振りに出会う勇姿に管理人は大興奮。しかし、暑さも厳しく、おまけにクヌギ樹液の出も芳しくないので、撮影は無理かと諦めていました。そうして、帰り支度を整えた時、管理人の前方低く、「パタパタ」の羽音と共に路面低くを滑空する♂が登場。早速接近すると、どうやら獣糞に誘われた個体のようです。着地してから獣糞に接近する途中で何とか開翅を撮影。
f0090680_2358695.jpg
D90, ISO=200, F10-1/500、-1.0EV、撮影時刻:12時24分

 ようやく、自然光で紫色を捉えることができました。しかし、スカッ晴れが災いして紫色の発色はイマイチです。やはり曇り空か、木陰で撮りたいものです。続いて獣糞から吸汁するベタ閉翅を撮影。
f0090680_23582823.jpg
D90, ISO=200, F10-1/200、-0.7EV、撮影時刻:12時36分

 裏面も陽射しが強いとシットリ感が出ないですね。更に林道を群れ飛ぶ場面を撮影。
f0090680_2358535.jpg
D40-10.5-X1.4TC(トリミング), ISO=400, F2.8-1/2500、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:13時05分

 木漏れ日の差す林道低く滑空する雰囲気が良く出て、お気に入りの飛翔シーンになりました。
熱中症寸前で格闘した山梨探索。この日摂取した水分は2.5リットルを超えました。ヘロヘロ状態になりましたが、何とかオオミスジのベタ開翅・閉翅、それにオオムラサキ♂の表翅まで撮影できて、苦労した甲斐がありました。
by fanseab | 2009-06-30 00:01 | | Comments(8)
Commented by maeda at 2009-06-30 06:03 x
飛翔が撮っても素晴らしいですね。どうしても私も狙ってしまいます。
図鑑用にマクロで撮らないといけないのですが、好きな絵が先行してしまいます。
Commented by fanseab at 2009-06-30 07:14 x
maedaさん、飛翔シーンは切取れた構図が偶然任せのため、思い描いた通りの画像が撮れると快哉を叫びますよね。一方、課題用写真は窮屈な条件設定だけに撮影にストレスがかかります。来シーズンは好みの構図で撮りまくりたいです。
Commented by ダンダラ at 2009-06-30 10:24 x
着々と課題を消化されていますね。
こちらは少しずつ撮影していますが遅々として進みません。
でもなかなかそのために貴重な一日を空けることが出来ません。
真摯な撮影態度に脱帽です。
Commented by fanseab at 2009-06-30 21:03 x
ダンダラさん、ゼフシーズン真っ最中のこの時期、ゼフに背を向けての課題「消化」は勇気が要りますね。ただ真剣に蝶と向き合ってみると、如何に蝶の生態を知らないか!を認識させられます。例えばオオミスジが閉翅するタイミングは何時か?等課題撮影をしながら見えてくるものがあります。
Commented by cactuss at 2009-06-30 23:23
オオミスジの拡大写真は迫力がありますね。
オオムラサキの飛翔も見事です。やはりストロボを使用した方が、きれいに撮れますね。
課題に向けて、撮影されているのですね。小生も少し、協力しないといけませんね。
Commented by fanseab at 2009-07-01 00:11 x
cactussさん、何とか至近距離でオオミスジを捉えることができました。次なる課題は♂です。オオムラサキの飛翔を躍動感良く捉えることは永遠の課題で、昨年よりはちょっぴりマシな画像が得られたと思っています。課題写真、貴殿なら既に沢山材料をお持ちだと思いますよ。
Commented by 愛野緑 at 2009-07-03 23:29 x
もうオオムラサキが出ているのですね。
飛翔も素晴らしいです!!
Commented by fanseab at 2009-07-03 23:36 x
愛野緑さん、こんばんは。
オオムラサキの出現時期は昨年より約1週間ほど早い感じです。
飛翔はまだまだ目標とするイメージからは程遠く、さらに取り組み
たいと思っていますj。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード