探蝶逍遥記

週末あれやこれや(6月13-14日)

 今回は愛読ブログ、nさんの記事名をパクらせて頂くことに・・・(汗) 土曜日は3種類のゼフを求めて神奈川県内を探索するも坊主。渓谷沿いに車を走らせていると、崖下に咲くウツギの白い花が目に止まりました。コミスジ、サカハチチョウの吸蜜には遠すぎるなぁ~と嘆いていると、ボロのカラスアゲハ♀が飛んで来て、しきりに吸蜜しています。ボロの吸蜜も面白くないので、吸蜜飛翔にチャレンジ。    
++すべての画像はクリックで拡大されます++       
f0090680_22205556.jpg
D90-VR84@145mm, ISO=640, F7.1-1/2500、-1.3EV、撮影時刻:6月13日、10時01分

 このポイントは黒系アゲハの旬の時期に訪れると最適の飛翔アングルで遊べそうです。来シーズンに期待が高まりました。近くの崖下には新鮮なカラスアゲハ♂が全開で吸水しておりました。
f0090680_2221823.jpg
D90-VR84@400mm, ISO=640, F9-1/400、-0.3EV、撮影時刻:6月13日、10時21分

 崖から降りて90mmマクロで狙いたいとこでしたが、降りる術もなく、泣く泣く遠目のショットで我慢。

 さて、翌日は完全休養日の予定でした。しかし、朝目覚めると薄日が差す絶好の撮影日和で、フィールドに。ターゲットは多摩川河畔のコムラサキです。実は5月31日に柳の葉上でテリ張りする♂個体を目撃していたので、♀狙いでの出撃でした。しかし、柳を叩いても全くの坊主。空振りに終わりました。もともとそれほど個体数が多くないと思われるので、2化以降に期待です。このフィールドで目に付いたのが、丁度発生ピークとなっていたキマダラセセリ。アカツメクサでじっくり吸蜜する個体がいたので、こちらも腰を据えての撮影。
f0090680_22213464.jpg
D90, ISO=200, F10-1/500、-0.7EV、撮影時刻:6月14日、10時08分

 身近なセセリとしてはお気に入りなので、丁寧に撮ってあげました。多摩川縁のキマダラセセリについて、これまで個体数は少ない印象を持っていましたが、このポイントはこれまでの知見を覆すほど、個体数が多くてビックリしました。シロツメクサが咲く僅か5m四方の空間に10頭ほどの♂が群れているのは壮観でした。ここは飛翔にトライする絶好のチャンスとばかり、連射してやっと、視野に捉えることに成功。
f0090680_22215192.jpg
D40-24(トリミング), ISO=800, F6.3-1/2500、-1.3EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:6月14日、10時51分

 このフィールドではツバメシジミも沢山生息しています。♂はやや適期を過ぎた感じだったので、狙いを♀一本に絞りました。管理人の課題ではないけど、先ずはベタ閉翅。
f0090680_22221362.jpg
D90, ISO=400, F9-1/1000、-0.7EV、撮影時刻:6月14日、9時29分

 お次はベタ開翅。
f0090680_22222945.jpg
D90, ISO=400, F10-1/400、-1.0EV、撮影時刻:6月14日、10時37分

 開翅角度が狭いので、これが限界ですね。この個体、シロツメクサで産卵の途中だったようで、食草付近を低空で飛行しておりました。
f0090680_22224590.jpg
D40-24(トリミング), ISO=800, F5.6-1/2500、-1.3EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:6月14日、11時00分

 そして産卵シーンも何とかゲットできました。
f0090680_2223231.jpg
D90, ISO=400, F10-1/500、-1.0EV、撮影時刻:6月14日、10時38分

 シロツメクサの花穂は丈が低いですけど、茂みに産みこむシルビア等に比べれば産卵シーンも楽ですね。でも管理人にとって、まともなツバメ産卵シーンはこれが初めてなので、素直に嬉しかったのでした。
by fanseab | 2009-06-15 22:26 | | Comments(8)
Commented by kenken at 2009-06-16 07:12 x
ROMにてご無沙汰いたしております。
ひとつ前、お得意の逆光縁毛幻光、いや、本当に水色の雰囲気が見えますよ。

小生はなんと言ってもツバメ♀のベタ開翅が良いですわ。かすかに青鱗乗ってますね。やはり黒主体の翅表は新鮮であると映えます。

キマダラセセリは、すばしっこいので、とても飛翔を撮る気にはなりませんねぇ~お見事です。
Commented by fanseab at 2009-06-16 20:53 x
kenkenさん、コメントサンキューです。ミズイロ幻光を撮るうちに珍説が思い浮かびました。ツバメ♀、何とか新鮮な個体で助かりました。ベニモンとは対極にある普通種ですが「ビシッと撮る」難しさは一緒ですね。
Commented by ダンダラ at 2009-06-16 21:18 x
今年も満足のいく春型の黒系アゲハの写真が撮れなかったので、何かうらやましいです。
それになんと言ってもツバメシジミの産卵はシャープで尾端もしっかり花穂の中に入り込んで素晴らしいですね。
こういった普通種もきちんと撮影しておく大切さを感じてしまいます。
Commented by fanseab at 2009-06-17 22:05 x
ダンダラさん、小生も5月は課題のウスバシロを追い回していたので、新鮮な黒系アゲハは来年に持ち越しとなりました。産卵シーンは貴殿をお手本に何とかいろいろな種でチャレンジしたいと思っています。先ずは普通種で練習して、珍品でも慌てないようにしたいです。
Commented by at 2009-06-18 09:56 x
キマダラセセリいい雰囲気ですね。飛翔も裏面がはっきりと撮影されてすばらしいできですね。
Commented by fanseab at 2009-06-19 07:09 x
kさん、こんにちは。コメント有難うございます。キマダラセセリは東南アジアに広く分布するPothantus属で唯一、日本に産するセセリですので、思い入れしての撮影です。アカツメクサとの組合せはこの蝶と良く似合っていると思います。セセリの飛翔は難易度高いですが、何とか視野に収まりました。
Commented by nomusan at 2009-06-20 20:38 x
ちょっと引き籠もっておりまして、出遅れてしまいました・・・(汗)。
「週末あれやこれや」、便利なタイトルでしょ?これからもご贔屓にお願い致します(爆)。

ツバメシジミ♀、ついつい追いかけてしまいますね。流石にこの時期のは真っ黒ですが・・・。
Commented by fanseab at 2009-06-21 23:40 x
nomusan、「あれやこれや」。困った時はこれしかないようです(笑)梅雨時の毎週末更新は確かにネタ確保に厳しいかもしれません。ツバメ♀、一度北海道で撮りたいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード