探蝶逍遥記

阿蘇山麓遠征(5月2日-6日): その(8)ギンイチモンジセセリ他

 遠征前にオオルリ以外に阿蘇で撮れそうな蝶を皮算用しました。ミヤマチャバネセセリ、ギンイチモンジセセリ、それにヒメシロチョウあたりかな?・・・・と。結果は、ヒメシロは発生初期で坊主。ミヤマチャバネは発生末期でイマイチ。結局、まともに撮れたのはギンイチのみでした。まぁ、オオルリ撮影の副産物狙いですから多くを望むのは、仕方ないのかもしれません。

 最初は♂開翅。     ++いずれの画像もクリックで拡大されます++ 
f0090680_23504285.jpg
D90, ISO=200, F9-1/640、-1.3EV、撮影時刻:5月2日、14時03分

 ご覧の通りのボロ個体。♂は明らかに発生末期でした。一方、♀は新鮮な個体が多かったように思います。先ずはベタ閉翅。
f0090680_23511689.jpg
D90, ISO=200, F4.5-1/800、-1.0EV、撮影時刻:5月2日、15時59分

 ギンイチは今シーズンの課題ではないけれど、理想的な閉翅画像が切り撮れたと思います。お次は開翅。
f0090680_23513399.jpg
D90, ISO=400, F14-1/400、-1.3EV、撮影時刻:5月2日、16時04分

 ギンイチの開翅はいつも本当に難しいと思います。この個体、↑の閉翅画像と同一ですが、閉翅ではまともに見える鮮度でも、こうして開翅で撮ると、表翅の細かい傷が目立ちます。縁毛の痛みも開翅画像ではすぐにバレてしまいますね。夕方でおとなしくしてくれた♀だったので、魚露目にもトライ。
f0090680_23515357.jpg
D90-1855@55mm-gy8(トリミング), ISO=400, F32-1/160、-1.3EV、外部ストロボ、-1.0EV、撮影時刻:5月2日、17時05分

 夕刻の草原の雰囲気を出すため、少し大きめの画像でのご紹介です。前翅の欠けが唯一の心残り(^^;;
ただ、このポイントはクララが茂る草丈の低い草原なので、ギンイチの追跡は楽でした。春の多摩川では、オギ(ススキに似たギンイチの食草)の枯茎に邪魔されて姿を見失うことがしばしばありますが、ここはそんなこともありません。そんな状況で飛翔追跡も比較的楽チン。
f0090680_23521174.jpg
D40-24(ノートリ), ISO=400, F5.6-1/2500、-1.0EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:5月3日、11時09分

 久しぶり、何とかノートリで撮れました。さて、クララでのオオルリ産卵シーンを撮影中、えらく小さく飛び古した♀が登場。よく見ると、なんとルリシジミ♀でした。
f0090680_23522488.jpg
D90, ISO=200, F8-1/800、-1.0EV、撮影時刻:5月3日、10時26分

 オオルリとホストおよび産卵位置まで全く同じなので、単純にクララに産みつけられた卵だけを見て、オオルリとは判断できないことに注意しなければなりませんね。

 さて、8回に分けて延々と引っ張ってまいりました阿蘇遠征記事も今回が最終回です。途中2日間、雨にたたられましたが、5泊6日の長期戦を組んだプランが功を奏して、オオルリの素晴らしさを堪能することができました。お忙しいなか、現地でご案内頂いたnomusanに改めて御礼申しあげます。
by fanseab | 2009-06-04 23:53 | | Comments(4)
Commented by nomusan at 2009-06-05 21:35 x
どういたしまして、です。
こちらこそ、オオルリシジミが改めて綺麗な蝶である事を再認識させて頂きました。ご満足いく成果があがりました事、お喜び申しあげます~。
Commented by fanseab at 2009-06-06 08:28 x
nomusan、重ね重ね有難うございました。ギンイチ以外にヒメシロも撮りたかったですが、楽しみは後に残しておきます。次回はやはりオオウラギンを狙いたいですね!
Commented by maeda at 2009-06-08 06:10 x
広角のギンイチを見ていると、阿蘇の風景が浮かんできます。
Commented by fanseab at 2009-06-08 07:31 x
maedaさん、ギンイチを追う時は時折通り過ぎるオオルリを無視しての贅沢?な撮影でした。草原性の蝶達にとって、阿蘇山麓は天国ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード