探蝶逍遥記

映画「重力ピエロ」に登場する蝶(6月2日)

 このブログでは初めての映画の話題です。
現在、東京等主要都市で上映中の首題映画に管理人が撮影した、ある蝶画像が使用されています。

 「重力ピエロ」について、ざっと、ご紹介しておきましょう。この作品は若手気鋭作家、伊坂幸太郎氏の原作ミステリーを森淳一監督、岡田将生主演で映画化したもの。ミステリーですから、ここでストーリーを述べることは止めておきましょう。

 土曜日(30日)、管理人も渋谷に出向いて鑑賞してきました。最近はDVDでしか、映画を見たことないので、劇場での鑑賞は本当に久しぶりでした。一言で印象をまとめると、原作の持つシュールな雰囲気が活かされていて、とても真面目な絵作りで好感が持てました。

 えっ、蝶画像がどこに登場するかですって?それはもちろん、映画をご覧になれば分かります(仮にこの記事にコメント頂ける場合でも種明かしはご法度で願います)。また、エンドロールに「美術協力」者名として拙ブログが登場します。

 なお、これからご覧になる方のためにざっと、主な上映映画館を下記します。これ以外の上映館については、映画情報サイト等で検索してみてください。上映時間は約2時間です。

<札幌近郊> ユナイテッド・シネマ札幌、ワーナーマイカルシネマズ江別他
<東京> シネカノン有楽町一丁目、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿バルト9他
<大阪> 梅田ガーデンシネマ、なんばパークスシネマ、MOVIX堺他
<福岡> KBCシネマ、ユナイテッドシネマキャナルシティ13他

 蝶画像がないのも寂しいので、31日に近場の多摩川縁で撮影したツバメシジミ♂のベタ閉翅・開翅画像を貼っておきましょう。ただし、この画像、映画とは全く関係ありませんので、念のため。    ++いずれの画像もクリックで拡大されます++     
f0090680_22185422.jpg
D90, ISO=200, F4.5-1/250、-0.7EV、撮影時刻:5月31日、13時50分
f0090680_2219682.jpg
D90, ISO=500, F8-1/200、-1.0EV、撮影時刻:5月31日、13時56分

 コンクリート上での開翅はとびきり綺麗なブルーの表翅を引き立てますが、尾状突起が背景に溶け込んでしまって、課題としている画像としては失格かもしれません。やはり葉の上での開翅画像に勝るものはないようです。
by fanseab | 2009-06-02 22:21 | 映画 | Comments(4)
Commented by maeda at 2009-06-03 06:19 x
たががツバメですが、とっても綺麗なブルーですよね。
Commented by fanseab at 2009-06-03 07:06 x
maedaさん、ツバメシジミ♂は、身近で観察できるブルーとしては最も美しいですね。この日も曇り空に飛出したブルーに思わずハッとさせられました。
Commented by clossiana at 2009-06-06 19:37
映画を見なくなって久しいのですが、fanseabさんの蝶画像が出るとなると。。。悩ましいです。きっとミステリーにとって重要な役割なんでしょうね?主人公以上のキーとなる存在なんでしょうね。ウーン、気になるなぁ。。
Commented by fanseab at 2009-06-07 21:17 x
clossianaさん、小生も映画館での映画鑑賞は久しぶりでした。蝶画像、さて重要な役割かどうか?は、見てのお楽しみということで・・・。映画は、とても良い出来ですので、見てください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード