探蝶逍遥記

御礼: 東播磨のヒメヒカゲ生息調査

 暫く拙ブログに下記メッセージを掲載しておりましたが、当地での調査活動が無事終了した
旨、連絡を受けました。現在、調査結果をまとめている最中で、この結果を基に、
来シーズン以降の保護活動・対策が取られるものと思います。
調査活動へのご協力有難うございました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 首題調査が終了する時期までブログのトップに掲載します。
<本文記事はこの記事の下にあります>

 ヒメヒカゲは全国的にも減少傾向にある草原性のジャノメチョウです。兵庫県の東播磨地方は中部地方の産地とは異なり、里山近辺の低標高地に産する個体群で、当地の自然に育まれて命脈を保ってきた貴重種と言えます。昨年に引き続き、今年も本種の生息調査が行なわれます。昨年の調査において予想以上に生息地が少なく、しかも個体数がわずかで脆弱な生息地が多数を占めていることが判りました。今年の調査では、今年も代をつないでいるか?復活した生息地はないか?新たな生息地はないか?などの昨年同様の調査に加え、発生総個体数や一個体の移動距離を推測するためのマーキング調査も予定されています。

 いなくなってからでは遅いのです!! 今のうちに生息状況を明らかにし、有効な手を打ち、取り返しのつかない事態にならないよう全力を尽くすことが我々、蝶屋の使命だと思います。当地域で実施されるヒメヒカゲ生息調査への理解と採集自粛への協力をお願いいたします。

 下の画像は羽化直に近い♂のドアップマクロ。こんな絵がいつまでも撮れるよう、調査活動に是非ともご協力ください。
f0090680_2334324.jpg
D70, ISO=500, F9-1/1000、-0.3EV、撮影時刻:2006年5月28日、8時33分
by fanseab | 2009-06-30 23:59 | | Comments(2)
Commented by clossiana at 2009-05-23 20:16
ヒメヒカゲは西日本のみならず何処でも減少が懸念されていますので、来週東海型の様子を見に行く予定です。
Commented by fanseab at 2009-05-23 21:40 x
clossianaさん、東海地方低地産も状況が厳しいと聞いています。
いつまでも撮影できるといいですが・・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード