探蝶逍遥記

ウスバシロチョウ(4月29-30日)

 快晴の下、2日間かけてウスバシロチョウと遊びました。デジイチを使い始めてから、未だきちんとしたマクロ画像を撮っていないウスバは今シーズンの課題の一つです。29日は神奈川県下のマイポイントで、30日はやや低標高地の東京都内の新規ポイントでの撮影。実は今回、あわよくば、♂♀同時撮影を目論んでいたのですが、実際には両ポイント共に♂の出始めで、少ない個体数に苦戦しました。
 先ずは課題としている、ベタな閉翅・開翅画像です。      ++画像はすべてクリックで拡大されます++         
f0090680_20235012.jpg
D90, ISO=200, F7.1-1/1000、-1.0EV、撮影時刻:4月30日、9時27分
f0090680_2024816.jpg
D90, ISO=200, F6.3-1/2000、-1.3EV、撮影時刻:4月29日、12時02分

 休止中は結構敏感ですので、↑の画像を撮るのには苦労しました。さらにウスバの翅は完全な平面でなく、曲面構造なので、閉翅状態での翅全面にピントを合わせるのが困難。開翅では180度以上に開くので、これまた難物でした。お次は吸蜜画像。ここは少し拘ってみましたので、4枚アップします。
f0090680_20243095.jpg
D90, ISO=200, F7.1-1/500、-1.3EV、撮影時刻:4月29日、8時56分
f0090680_202449100.jpg
D90, ISO=200, F11-1/500、-1.0EV、撮影時刻:4月29日、9時25分
f0090680_20255296.jpg
D90, ISO=200, F4.5-1/2500、-1.0EV、撮影時刻:4月30日、9時15分
f0090680_2026736.jpg
D90, ISO=200, F3.5-1/4000、-1.0EV、撮影時刻:4月29日、11時39分

 1枚目はムラサキハナナの花弁が左前翅に透けて見えて、いい感じに仕上がりました。タンポポ吸蜜は結構頭を花弁に突っ込むので、アングル取りに苦労します。最後のネギボウズは人里に住むウスバらしい絵になりました。閉翅画像としても使用できるかもしれません。

 最後は飛翔画像。このフワフワと飛ぶアゲハを見ると、飛翔を撮りたい衝動を抑えることができません。およそ3年振りのチャレンジ。簡単そうに見えて、このアゲハ、意外と手強いです。
f0090680_20263659.jpg
D40-24(ノートリ), ISO=400, F4-1/2500、-1.0EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:4月29日、9時08分
f0090680_20265866.jpg
D40-24(トリミング), ISO=400, F10-1/2500、-1.0EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:4月30日、9時43分
f0090680_20272315.jpg
D40-24(トリミング), ISO=400, F7.1-1/2500、-1.3EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:4月30日、9時53分

 1枚目はマイポイントの雰囲気が良く出たお気に入りの絵になりましたので、少し大きめの画像でのご紹介。2枚目はハルジョオンと新緑を借景に浮遊感が上手く出ました。本当は右上にある太陽とのコラボレーションが完成すれば、最高だったのですが・・・。最後はこのポイントで見られた♂2頭の追尾飛翔です。優雅に舞い飛ぶバシロですが、時々、モンシロやツマキを執拗に追い回すシーンも見られました。2日間、バシロと遊んだつもりでしたが、若干、「遊ばれた?」のが本音かもしれません。課題としている♀閉翅・開翅シーンはゴールデンウイーク明けに持ち越しとなりました。
by fanseab | 2009-04-30 20:32 | | Comments(20)
Commented by furu at 2009-04-30 21:46 x
1年で一番快適な気候の頃に発生することもあり、この蝶との遊びは精神衛生に良いですね。
吸蜜はやはり午前中がよさそうですね。家のすぐ近くで見られるのでついつい昼近くになってから出掛けてしまい、なかなかチャンスがありません。
Commented by maeda at 2009-04-30 21:50 x
もうウスバの時期なのですね。
こちらでは6月の蝶なのでちょっと感覚が違います。
まだツバメシジミも見ていません。
Commented by fanseab at 2009-04-30 22:39 x
furuさん、こんばんは。発生時期が全般に早めなので、♀が出ていると思ったのが間違いでした。このアゲハの場合は、例年通りなのかもしれません。もうあと4日位で個体数も増えると思います。吸蜜は午前中の時間帯によって、放花する種類が異なるのも面白かったです。
Commented by fanseab at 2009-04-30 22:41 x
maedaさん、こちらでは、ちょうどゴールデンウイークの蝶ですね。
このところ、この時期は海外遠征で、ウスバを撮るチャンスが少なかったのも事実ですが、今回は真面目に取り組んでみました。
Commented by cactuss at 2009-04-30 22:43
ウスバシロはなかなかきれいな蝶だと思いますが、ついでになってしまうことが多く、ちゃんと撮らなければと思っています。
飛翔写真はなかなかのものですね。ハルジオンの上を飛ぶ写真は体勢的に大変だったのではないでしょうか。
Commented by Lycaenidae at 2009-04-30 23:17
ウスバシロの黄色の襟巻きが綺麗です。
いずれのマクロもシャープで、色合いもよく、見事に表現されていますね。特にネギボウズでの吸蜜写真はウスバシロの微妙な美しさが素晴らしいです
これは是非とも、私もGW後半にでもウスバシロ詣でをしないといけませんね。
Commented by kmkurobe at 2009-04-30 23:52
割合に白い部分が多い個体ですね。
こちらは平年より遅れで、15日過ぎの発生になりそうです。
Commented by nomusan at 2009-05-01 06:17 x
ウスバシロ、私的には花の色が透けて見える画像が好きです。なので、3,4枚目の訪花画像がええですねぇ~(笑)。
う~ん、しばらく見てないし、見たくなってきたなぁ・・・。
Commented at 2009-05-01 06:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chochoensis at 2009-05-01 06:26 x
fanseabさん、チョウの撮影角度とピント合わせの重要性がとてもよく判る写真ですね・・・とても参考になります・・・吸蜜でもシッカリと状況を把握することを心がけたいと思いました、ありがとうございます。
Commented by fanseab at 2009-05-01 09:02 x
cactussさん、ウスバシロはきちんと写そうとすると結構難しい対象であることを思い知らされました。翅の曲面構造もきちんとした閉翅を撮ろうとして初めて気がつきます。飛翔は何とか空を入れたいと思っての撮影。体勢はそれほど苦労はしていません。
Commented by fanseab at 2009-05-01 09:13 x
Lycaenidaeさん、コメント有難うございます。このアゲハの翅の質感を表現するのは、奥が深いですね。やはり順光よりも逆光を上手く使ったほうが、雰囲気が出るようです。ネギボウズも実は殆ど頭部を突っ込んだ状態で、ようやくストローが見えたところを撮影できました。
Commented by fanseab at 2009-05-01 09:15 x
kmkurobeさん、そちらはイエローバンドで盛り上がっているのでしょうね。日本海側では黒化個体が多いのでしょうか?29日の撮影でも、出会った3頭ともに色合いが違うので個体識別ができました。
Commented by fanseab at 2009-05-01 09:17 x
nomusan、そうですね。意図した訳ではないのだけれど、花の色が透けて見えるところがバシロの美点でしょう。それを意図して撮るまで余裕はありませんが・・・・。そういえば、九州では観察できないんでしたね。
Commented by fanseab at 2009-05-01 09:28 x
非公開コメントさん、どうもです。
先ほど私信入れました。ご確認ください。
Commented by fanseab at 2009-05-01 09:30 x
chochoensisさん、おはようございます。どんなチョウでも真面目に撮ろうとすると苦労します。シジミとは異なり、翅の面積が大きい蝶はそれなりに撮影に工夫しなければいけませんね。
Commented by banyan10 at 2009-05-01 17:52
ウスバシロはハルジオンや菜の花の吸蜜は撮影していますが、紫色の花は見たことないです。透けて見える紫もいいですね。
絡んだ飛翔も見事です。
Commented by fanseab at 2009-05-01 21:59 x
BANYANさん、ムラサキハナナへの吸蜜は午前9時前までで、それ以降は不思議と吸蜜に来ていませんでした。植えられている場所は一日中陽が差す場所なので、温度との関係があるかもしれません。でも見慣れたタンポポと違った雰囲気で楽しめました。
Commented by thecla at 2009-05-02 20:51 x
ベタな閉翅、開翅画像、簡単な様で実は難しいと痛感している昨今です。特にウスバシロのように白一色だと胴体部分を潰さずに撮るのは難しいですよね。
Commented by fanseab at 2009-05-02 22:36 x
theclaさん、おっしゃる通りで開翅は普通翅全面へピンが来ないし、閉翅では真横から狙うので脚や胴体が隠れやすいですね。ラチチュードの問題はD90に変えてだいぶ楽になりました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード