探蝶逍遥記

日本チョウ類保全協会企画展のお知らせ

12月18日まで本記事をトップに配置します。
通常記事は本記事の下にあります。

*********************************

★★企画展「チョウが消えてゆく~絶滅の危機にあるチョウを守る~」★★

 毎年、東京・新宿御苑にて開催しております首題協会企画展を、今年は、下記の日程で開催いたします。チョウの生態写真(約60点)、絵、保全に関するパネルなどの展示を行うほか、土日(17-18日)には、ミニ講演会も開催されます。
ぜひお友達とお誘いあわせの上、ご来場くださいますようにお願いいたします。


■日 時:2016 年12 月13 日(火)~ 12 月18 日(日)
      9:00 ~ 16:30(最終日は15:00 まで)

■場 所:新宿御苑インフォメーションセンター1F(新宿門左側)
     「アートギャラリー(外部リンク)」 
     ※入場無料
      
■アクセス:JR・京王・小田急線:新宿駅南口 より徒歩10 分
    東京メトロ副都心線:新宿三丁目駅より徒歩5 分
    東京メトロ丸の内線 ・都営地下鉄新宿線:新宿御苑前駅より徒歩5 分 

■内容:チョウの生態写真・絵・チョウの保全に関するパネル、ほか
 
<ミニ講演会:17 ~ 18 日(土・日)に開催>

17 日(土)  1 回目 11:00 ~ 11:30
          絶滅危機のチョウを守る 中村康弘(日本チョウ類保全協会事務局)
         2 回目 13:00 ~ 13:30
          幻のバッタ、再発見!  永幡嘉之(自然写真家)
         3 回目 15:00 ~ 15:30
          チョウの写真撮影法   佐々木幹夫(日本チョウ類保全協会会員)

18 日(日)  1 回目 11:00 ~ 11:30
          絶滅危機のチョウを守る 中村康弘(日本チョウ類保全協会事務局)
         2 回目 13:30 ~ 14:00
          幻のバッタ、再発見!  永幡嘉之(自然写真家)

+++画像は原則クリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_15585140.jpg

# by fanseab | 2016-12-18 15:05 | | Comments(0)

晩秋のルリタテハ

 秋も深まると寒気の影響か、晴間が簡単には拝めなくなります。天気予報で「晴れ」と出ていても、朝からドン曇り・・・、午後になってやっと陽が差すこともしょっちゅうです。
 さて、拙宅近くの里山公園でブラブラ蝶探索をしていると、頭の付近をビューっとかすめ飛ぶ黒い影が。反射的にカメラを向けると、そこには日向ぼっこしているルリタテハの姿がありました。

+++画像は原則クリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_1633771.jpg
D71K-34VR,ISO=100、F8-1/1000、-0.7EV、撮影時刻:14時40分(11月中旬)

 午後になって陽射しが強くなって飛び出してきたのでしょう。テリ張り圏内に管理人が侵入してきたので、スクランブル発進した様子。ただ、テリ張りと言うよりは、ノンビリと秋の穏やかな陽射しを楽しんでいるように見えました。
# by fanseab | 2016-11-29 21:58 | | Comments(0)

季節外れの降雪の後で(11月下旬)

 昨日24日、東京都心で観測史上初めて、11月の降雪記録となりました。ビックリしましたね。一夜明けて、ようやく快晴の青空が拡がりました。ただ、強い寒気の影響で、空気は凍りついたままです。
 さて、今月中旬から最終盤のアオスジアゲハの幼虫を観察しております。マンション近くのクスノキの根元から生えている実生に当初、8頭程の初齢幼虫が付いているのを発見。餌不足が明らかだったので、2頭を別の株に避難させてあげました。今日、様子を覗いて見ると実生にいるべき(8-2=)6頭のうち、3頭のみ(いずれも3齢)葉上に付いておりました。その内の2頭が身を寄せ合って、静止しております。

+++画像は原則クリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_17472529.jpg
TG4@5.5mm(自動深度合成),ISO=100、F2.3-1/80、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影月日:11月25日

 まるで仲の良い兄弟みたいですね(^^) 以下、兄弟の会話・・・。

兄:「昨日は参ったね、寒くて死ぬかと思った。」
弟:「俺もマジそう思ったよ。しかし、兄貴よう、俺達の母ちゃんは
なんでまたこんな寒い時期に俺達を産んだのかなぁ?ああ、6月頃
産まれたかったなぁ~」
兄:「母さんを恨んではいけないよ。母さんも本能で産んでるん
   だからねっ!時期を選べないんだよ!」
弟:「そんな物知り顔で言わないでよ。本当は兄ちゃんも母ちゃんを恨んで
   るんでしょ?」
兄:「・・・・・。それより俺達の餌足りるのかなぁ。お前ちょっと
   新しい葉を探してこいよ。」

 この兄弟の運命や如何に? 暫く継続観察することにします。また、この兄弟から10m程離れたクスノキの株にも小さな実生があり、葉裏に何と2齢幼虫が付いておりました。
f0090680_17475662.jpg
TG4@5.5mm,ISO=100、F2.3-1/640、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影月日:11月25日

 この子も餌の確保には苦労しそうです。どうやら母蝶の産卵時期は今月初め頃と推定されます。10月中旬には元気に飛ぶ♂の姿を見かけた記憶がありますが、結構遅くまで母蝶は活動しているのですね。
# by fanseab | 2016-11-25 20:57 | | Comments(6)